ホーム > 小説一覧 > プリンスの謎

プリンスの謎

王宮への招待シリーズ

プリンスの謎

家族でホテルを経営するナターシャは苦境に立たされていた。このままでは借金を返済できず、ホテルを手放すことになりかねない。そんなとき、ヨーロッパの小国カリーダの皇太子ダンテが、ナターシャのホテルに滞在することが決まった。有名な皇太子が宿泊しているとわかれば、客も増えるかもしれない。期待していたのに、現れたダンテは身分を隠しておきたいという。しかも、ナターシャに助けてもらいたいことがあるらしい。一国の皇太子が私になにをしてもらいたいというのだろう?トラブルの予感に怯えながらも、ナターシャは引き込まれていった。彼の美しい、鮮やかな青い瞳に魅了されて……。★2007年12月に刊行を開始した作家競作シリーズ〈王宮への招待〉。今月は、ハーレクイン・アフロディーテでも活躍中のイマージュの人気作家ニコラ・マーシュが第五話をお届けします。作家それぞれの個性が光るロイヤルロマンスをお楽しみください。★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

王宮への招待シリーズ

王宮への招待シリーズ

千の愛に呼ばれて
カーラ・コールター
千の愛に呼ばれて
プルーデンスは一躍、時の人になった。子守りとして面倒を見ている子供を身を挺して交通事故から救い、そのことが大々的に報道されたのだ。彼女としては当然のことをしたまでだったが、思いがけないところ…

王宮への招待シリーズ

運命の訪れ
レベッカ・ウインターズ
運命の訪れ
妹が父親のわからない息子を出産後すぐに亡くなってから十二年。ダレルは妹の遺児フィリップを父親に会わせてやりたい一心でついにその男性を捜し当てた――ヴァレダー州国の国王アレックスを。アメリカの一…

王宮への招待シリーズ

貴族嫌いのレディ
フィオナ・ハーパー
貴族嫌いのレディ
ジョジーは格式のある旧家の生まれだが、家風になじめず、家族とは距離をおいて暮らしている。型にはめられたような生き方が大嫌いなのだ。ところが、マイペースな彼女の生活に変化が訪れた。彼女が勤める…

王宮への招待シリーズ

プリンセスはひとりぼっち
マリオン・・レノックス
プリンセスはひとりぼっち
夫亡きあと、ローズは彼の両親につくす毎日を送っていたが、二度目の命日に、夫の両親から理不尽な申し出を受ける。彼らとの隔たりの大きさを痛感したローズの心に、現実的でないと感じていたもう一つの申…

王宮への招待シリーズ

逃げ出した王女
カーラ・コールター
逃げ出した王女
マハイル王子との結婚式の直前、ショショーナ王女は何者かに命をねらわれた。その場で彼女を救ってくれたのはボディガードのローナンだった。安全が確認されるまでは姿を隠したほうがいい。王女はローナン…

王宮への招待シリーズ

プリンスはプレイボーイ
マリオン・レノックス
プリンスはプレイボーイ
この五年間、ケリーは世間から身を隠して暮らしていた。それはアルプ・ドゥ・シエルの王子さまと、間違った結婚をした報い。幸せは束の間で、ケリーはふしだらな女という噂を流され、国を追われてしまった…

王宮への招待シリーズ

誤解が招いた愛
レベッカ・ウインターズ
誤解が招いた愛
アリーの夫は四カ月前に車の事故で亡くなった。突然のことに、いまだ心の整理がつかない状態だ。そしてこのほど、同乗していた女性の身元が判明した。ローマにほど近い町に住む、著名な公爵の夫人だという…

王宮への招待シリーズ

切なさを抱きしめて
ナターシャ・オークリー
切なさを抱きしめて
十年前、マリアンはセブと出会い、運命の恋人と確信した。しかし彼はある日突然、行き先も告げないまま姿を消す。その後、マリアンは彼の素性を知った。プリンス・セバスチャン二世――アンドヴァリア公国の…

王宮への招待シリーズ

プリンスの謎
ニコラ・マーシュ
プリンスの謎
家族でホテルを経営するナターシャは苦境に立たされていた。このままでは借金を返済できず、ホテルを手放すことになりかねない。そんなとき、ヨーロッパの小国カリーダの皇太子ダンテが、ナターシャのホテ…

プリンスの謎 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

怖い:momo 2016/12/03

他の方もおっしゃってますがハーレクインじゃないです。

ひどい話:しゅう 2016/12/03

ヒロインは、この男この家族を許せるのか? 理解できないわぁ・・・

シリーズ第一弾:ひゅん 2016/12/03

表紙からドキドキ。素敵ですね。お話しの内容やストーリー展開もよかったです。…

一言でいうならば:ひゅん 2016/12/03

ハーレクイン向きの絵柄ではないのです。他のジャンルならいいかもしれません。 …

あーもう苦しい:セリシア 2016/12/02

お話自体いろいろ重い。ほんと目が離せなかった。 ヒロインには幸せになってほし…

絵は大事です。:小野寺 2016/12/02

絵柄の好き嫌いに関わらず、画面の雰囲気は大事です。たとえ美しい絵ではなくて…

シリーズなのに:さんちょ 2016/12/02

楽しく読んでたのに、突然幼稚な絵が入ってくるのはなんだか許せない。 毎回思う…

線が細い:じ 2016/12/02

絵が下手なわけではない、話運びもワクワクする。なのに線が細すぎて、人物が沈…

紙芝居みたい。:さこちゃん 2016/12/02

切り貼りしたような絵にちょっとガッカリ。 躍動感と言うか、動きのない紙芝居み…

ちょうどいい悪役:みるにゃあ 2016/12/01

ヒロインもヒーローも大人で穏やかに話が進む感じです。そしてそれを潰さない程…

このページの先頭へ