ホーム > 小説一覧 > 再会は秘密の園で

再会は秘密の園で

選ばれし花嫁シリーズ

再会は秘密の園で

三つ星レストランの副料理長という職をなげうち、ロンドンから故郷に帰ってきたダニエーラは、ワンガリー・バレーで家族が営むビストロを手伝っていた。ある日、見知らぬ男性が店に立ち寄った。彼の名はリンク。購入予定の牧羊場を見に来たところだという。強烈な印象を受けながらも、ダニエーラはそのまま彼と別れたが、共通の友人ガイの結婚式で再会を果たした。燃えあがる情熱に抗しきれず、二人は恋に落ちていく。だが、リンクもダニエーラも、愛が深まるのを恐れていた。決して打ち明けられない秘密を抱えていたがゆえに。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

選ばれし花嫁シリーズ

選ばれし花嫁シリーズ I

領主と無垢な恋人
マーガレット・ウェイ
領主と無垢な恋人
アラーナはガイのことを心ひそかに“谷の領主”と呼んでいる。彼は由緒ある家に生まれ、この地でもっとも成功した人物だ。まさにあこがれのヒーローだけれど、年上だし、なにより境遇が全然ちがう。彼に恋を…

選ばれし花嫁シリーズ II

再会は秘密の園で
マーガレット・ウェイ
再会は秘密の園で
三つ星レストランの副料理長という職をなげうち、ロンドンから故郷に帰ってきたダニエーラは、ワンガリー・バレーで家族が営むビストロを手伝っていた。ある日、見知らぬ男性が店に立ち寄った。彼の名はリ…

再会は秘密の園で のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

突然終わった:ローズ 2017/04/26

まさかこれで終わり?仕事はどうなったのでしょう…。

体格の差が:ローズ 2017/04/26

いつも女性が小さすぎる作家さんですよね。ロマンス小説が原作とはいえ、ヒロイ…

ステキ:めるちゃん 2017/04/26

絵も内容もHQにふさわしい作品です。 秋元先生の作品の中でも上位に好きだし、数…

普通でした:305 2017/04/26

あまり期待していなかったけど三作目はよかったです。

グレイ?:アリス 2017/04/26

ヒロインがイメチェンした時、私には宇宙人にしか見えなかった。絵もひどいが話…

コミックの方がすきかな:ハル 2017/04/25

読みながら、コミックの画が浮かんで来るようでした。どちらかというと、スッキ…

セリフだけで話が進む:なうしか 2017/04/25

なんか、お互い独り言をベラベラ喋ってる感じ。 センスなさすぎ。

うーん、魅力が足りないよ。:なうしか 2017/04/25

えー!プレイボーイの割には落とすの簡単だな〜。 ヒロインも処女位しか取り得な…

すっげーつまんない:なうしか 2017/04/25

酷い絵と話、思いつきで子宮取らないだろ?バカか!

ハズレがない:リリィ 2017/04/25

黒川先生のお話はどれも当たりです。今回も。 ストーリーもたまに入るコミカルさ…

このページの先頭へ