ホーム > 小説一覧 > 貞淑な唇

貞淑な唇

男たちの勲章シリーズ

貞淑な唇

★生まれる時代を間違えた戦士――彼こそわたしがすべてを捧げるヒーロー。★誰かがわたしを狙っている。身に覚えはないけれど、確かに危険が迫っている。つぎつぎにふりかかる災難は、いったい誰のしわざなのだろう?職場を変え、住む町を変えても、不安は消えない。華奢な体で必死に護身術のレッスンを受けながらも、レジーナはひどくおびえていた。頼れるのはただひとり、レッスンの指導者ライリーだけだ。危険なほど強く、罪深いほどセクシーな男性。出会ってすぐに、レジーナにははっきりとわかった。彼ならわたしを守ってくれる。必ず。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

男たちの勲章シリーズ

貞淑な唇
ローリー・フォスター
貞淑な唇
★生まれる時代を間違えた戦士――彼こそわたしがすべてを捧げるヒーロー。★誰かがわたしを狙っている。身に覚えはないけれど、確かに危険が迫っている。つぎつぎにふりかかる災難は、いったい誰のしわざなの…
渚の吐息
ドナ・コーフマン
渚の吐息
心ときめく恋も知らない疲れ果てた女でも、ひとときのバカンスくらい楽しんだっていいはずだわ。父の期待にこたえるために、これまで精いっぱい働いてきたんだもの。本当の夢をひた隠しにして生きることに…

貞淑な唇 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ちょっと笑えた:セリシア 2017/12/17

笑えるシーンもあったんだけれど、爬虫類が苦手。なのと、親子して、ひたすら処…

普通に良いお話だった:セリシア 2017/12/17

と、思う。盛り上がりがあるかーというと、うーんって感じですが、恋愛模様より…

幼すぎるヒロイン:とくの 2017/12/17

ヒロインが幼すぎて、頭が弱い子に見えてしまう。良く言えば、まっ白で純心な性…

暖かい涙:baum 2017/12/17

登場するどの人も、それぞれの愛の形があって、クリスマスの奇跡もあって、芯か…

なんだかな:しのP 2017/12/17

シリーズ全部読んだけど、これはイマイチだった。他の方のレビューにもあったよ…

どこに魅力が?:きらっち 2017/12/17

ヒーローにもヒロインにも魅力を感じませんでした。お互いに何処に惹かれたのか…

そうですよね:きらっち 2017/12/16

絵も綺麗だし、良かったんだけど、ヒーローのことはもっと懲らしめて欲しかった…

解決してないですよね?:しゅう 2017/12/17

みなさんのおっしゃる通り、なにも解決してないですよね?? 話に中身がないのか…

雑誌で既読:しゅう 2017/12/16

ほんとに酷くて、自分の解釈の間違いかも?と思いもう一度読んでみたけど、やっ…

フィクションと割りきれば面白い:キッド 2017/12/16

元ストーカーがヒロインって、すごく珍しいですよね。現実なら、「いや~、ない…

このページの先頭へ