ホーム > 小説一覧 > 名うての貴族

名うての貴族

読書会の秘密シリーズ

名うての貴族

夏のある朝、レイチェルが川岸で読書をしていると、一糸まとわぬ男性が川から上がってきた。わたしは幻覚におそわれているのかしら?レイチェルは自分の目を疑ったが、それはまぼろしではなかった。たくましい肩、幅広い胸、引きしまった腹部……。まるで大地を突き破って現れた異教の神のようだ。その男性が幼なじみのコーリーだとわかるやいなや、レイチェルは心臓が止まりそうになった。放蕩貴族として名を馳せるコーリーが、なぜここに?★今や英国摂政期(リージエンシー)の名手の感があるニコラ・コーニック。風光明媚な田園地帯で繰り広げられる放蕩貴族と淑女の恋愛模様をお楽しみください。★

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 600円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

読書会の秘密シリーズ

読書会の秘密シリーズ I

名うての貴族
ニコラ・コーニック
名うての貴族
夏のある朝、レイチェルが川岸で読書をしていると、一糸まとわぬ男性が川から上がってきた。わたしは幻覚におそわれているのかしら?レイチェルは自分の目を疑ったが、それはまぼろしではなかった。たくま…

読書会の秘密シリーズ II

魅惑の一夜
ニコラ・コーニック
魅惑の一夜
兄の結婚式を控え、デボラは悩んでいた。未亡人とはいえ、それなりに充実した日々を過ごしていた彼女に父がこのごろ再婚しろとうるさく言ってくるからだ。あまりの煩わしさに、彼女はつい嘘をついた。「お…

読書会の秘密シリーズ III

求婚のゆくえ
ニコラ・コーニック
求婚のゆくえ
レベッカの乗った馬車が一時停止したとき、半裸の若者が馬車に転がり込んできた。仲間と悪ふざけに興じた末に、売春宿から逃げ出してきたという。若者を家まで送り届けると、その兄のルーカスが現れて、冷…

名うての貴族 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

全裸で登場のヒーロー 評価3 3
ロマンス ライブラリで購入済み

ヒロインが幼なじみのヒーローを意識する冒頭シーンが、後の展開を期待させます。ところが中盤、シリーズを通しての登場人物や謎について頁を割いているので、ヒーローとヒロインの恋愛は遅々として進まず。ハーレクインだと思わなければ、読み物としてはとても面白いです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ひどい話:しゅう 2016/12/03

ヒロインは、この男この家族を許せるのか? 理解できないわぁ・・・

シリーズ第一弾:ひゅん 2016/12/03

表紙からドキドキ。素敵ですね。お話しの内容やストーリー展開もよかったです。…

一言でいうならば:ひゅん 2016/12/03

ハーレクイン向きの絵柄ではないのです。他のジャンルならいいかもしれません。 …

あーもう苦しい:セリシア 2016/12/02

お話自体いろいろ重い。ほんと目が離せなかった。 ヒロインには幸せになってほし…

絵は大事です。:小野寺 2016/12/02

絵柄の好き嫌いに関わらず、画面の雰囲気は大事です。たとえ美しい絵ではなくて…

シリーズなのに:さんちょ 2016/12/02

楽しく読んでたのに、突然幼稚な絵が入ってくるのはなんだか許せない。 毎回思う…

線が細い:じ 2016/12/02

絵が下手なわけではない、話運びもワクワクする。なのに線が細すぎて、人物が沈…

紙芝居みたい。:さこちゃん 2016/12/02

切り貼りしたような絵にちょっとガッカリ。 躍動感と言うか、動きのない紙芝居み…

ちょうどいい悪役:みるにゃあ 2016/12/01

ヒロインもヒーローも大人で穏やかに話が進む感じです。そしてそれを潰さない程…

ヒロインが最悪:セリシア 2016/12/02

ここまでひどいヒロインはあまりないと思うとある意味珍しいですかね。 ひたすら…

このページの先頭へ