ホーム > 小説一覧 > 愛を偽る花嫁

愛を偽る花嫁

愛を偽る花嫁

1年前に家族を事故で失い、天涯孤独の身となったフェイは、抜け殻のような心を抱えたまま、ひたすら身を粉にして働いてきた。ある嵐の日、自暴自棄になって馬を走らせた彼女は、落馬し、痛みに朦朧とする意識のなかで最期を覚悟する。そのとき、たくましい2本の腕にしっかりと抱き上げられ、見上げるとチェイス・ラファティがじっと見つめていた。まだ少女のころ、恋い焦がれていた年上の隣人、チェイス。でも今はもうどうでもいい。なぜ放っておいてくれないの?チェイスは彼女を家に連れ帰ると、仰天の申し出をした。「きみの弱りきった家業を買い上げる代わりに、僕の妻にならないか?」■HQ文庫で長く絶大な人気を誇る作家スーザン・フォックス。その幻の未邦訳作品をイマージュからお届けします。薄幸でけなげなヒロインが、初恋の年上男性から強引に便宜結婚を持ちかけられ、翻弄される運命の中で愛と希望を見出す珠玉のロマンスです。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛を偽る花嫁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

うーん… 評価3 3

この作者の本は好きで出れば購入してるんですが、今回はハズレかなぁ。確かに大切な弟たちを失ったのは悲劇なんだけどヒーローに無駄に噛みつくのでげんなり。。今回は胸に響きませんでした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

しっとりとした作品:tamachan 2017/08/24

派手さはないけどしっとりとして優しい気持ちになれる作品でした。 ヒロインの大…

二人の会話が楽しい作品:ジョディ 2017/08/23

上手な方にコミック化してほしいですね。

どいつもこいつも怪しい:やま 2017/08/23

「月をくれた伯爵」のヒロインの妹のお話です。「月をくれた」の方で出てきた妹…

気持ちが暖かくなるおはなしでした。:ゆず 2017/08/23

派手なロマンスではなくて、心がほっとする様なお話でした。実際にこんなロマン…

勿体無い:ウルスラ55 2017/08/23

ヒロインの過去のトラブル、ヒーローの美しい妹、何よりヒーローの砂漠での救出…

ほっほっほ:クレヨン003 2017/08/24

思ったよりよっかったです、大河ドラマみたい… ちょっと言い過ぎ?

素直な作品:まめ姫 2017/08/22

登場人物全員、素直で正直、頑固者はいても悪者は出てこない。HQの王道ではある…

普通かな:なうしか 2017/08/24

一回話せば解決する様な事が原因で5年も離れる意味がわかりません。普通は5年離…

無理:さんちょ 2017/08/24

顔の絵にほとんどベロが見えるという気持ち悪い絵で途中で断念で、絵だけで評価…

夫婦のみならず:momoiro 2017/08/22

半眼で読んでいましたが、結局泣かされました。この方の独特な絵には、思うとこ…

このページの先頭へ