ホーム > 小説一覧 > もつれた歳月

もつれた歳月

もつれた歳月

最愛の弟が逮捕されたと聞いて、アシュリーは卒倒しかけた。すべては私のせいだ──弟は私に代わって復讐しようとしただけ。4年前、イタリア名門一族の銀行家ヴィートと交際していた彼女は、ある事情から彼と別れ、その後数々の不運に見舞われてきた。ヴィートにはもう二度と会うつもりなどなかった。だがいま、弟を救えるのは彼以外にいないのだ。意を決してヴィートを訪ねたアシュリーだったが、耳を疑うような取り引きを提示され、衝撃で身をこわばらせた。できないわ。後継ぎを産むためだけに結婚するだなんて!

2.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

もつれた歳月 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

確かにもつれたのは歳月だけかも 評価4 4

弟は仕返しのつもりで息巻いていますが、ヒロインに迷惑をかけるだけと、行動を起こす前に気が付くべきだったと思います。あまりに浅はか、短絡的。とはいえ、ハーレのヒロインの家族にはとても多いタイプですね。ヒーローも傲慢なように見えて、単にヒロインにメロメロなだけ。優しく言えないだけで、あからさまなメロメロ振りがすごいです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いつもいつも:みーたん 2018/04/21

藍まりと先生の素晴らしい作品を読めることに感謝。温かさいっぱいのラストにと…

いい!:ウルスラ55 2018/04/21

私も大満足です。マリアとティファニーの後日談も知りたいから原作読もうかな。

今回はビスケット+アップルバター:ウルスラ55 2018/04/20

ダイアナパーマーも作家さんも実はあまり好きじゃないのだけどこの作品は面白か…

私は苦手:サニー 2018/04/21

好き嫌いが分かれる絵だと思います。 私は苦手です…特にヒロインの目が宇宙人み…

イマイチ:しのP 2018/04/21

これはべレア家の愛の呪縛シリーズだと思うのですが…とりあえずこのシリーズは読…

清々しい読後感:リモネ 2018/04/21

変にドロドロする事なく、それでいてメリハリのあるストーリーで凄くひきこまれ…

悪くないけど:ジェニファー 2018/04/21

10年って長過ぎる‼しかも理由がしょうもなさすぎ。ヒロイン母も理由を聞きもしな…

面白くない…:サニー 2018/04/21

もう一つの作品もそうですが、この漫画家さんネーム下手じゃないですか? あと絵…

分かりにくい:サニー 2018/04/21

絵も微妙でしたが、それ以前に文才ないのでは…? 内容が分かりにくかったです。 …

いくら似てるからってさ~:ジェニファー 2018/04/21

それだけで息子の子供って思うかな。せいぜい『うちの息子、子供の頃あんな感じ…

このページの先頭へ