ホーム > 小説一覧 > シークの孤独

シークの孤独

アラビアン・プリンスシリーズ

シークの孤独

魔法と魅惑とロマンスの王国、エル・ザフィール。アメリカ人のペニーは意欲と能力を見込まれ、王女の秘書としてこの国にやってきた。しかし宮殿で実際にボスとして現れたのは、世界中の女性の憧れ、ラフィーク・ハッサン王子だった。ペニーは予想外の展開に戸惑いつつも、漆黒の瞳を持つ魅力的な王子にしだいに心奪われていく。傷ついた過去から二度と恋をしないと決めていた彼女は、王子への思いを抑え込もうとするが、ラフィーク王子は突然キスをしてきて……。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

アラビアン・プリンスシリーズ

シークの孤独
テレサ・サウスウィック
シークの孤独
魔法と魅惑とロマンスの王国、エル・ザフィール。アメリカ人のペニーは意欲と能力を見込まれ、王女の秘書としてこの国にやってきた。しかし宮殿で実際にボスとして現れたのは、世界中の女性の憧れ、ラフィ…
シークの憂鬱
テレサ・サウスウィック
シークの憂鬱
美人コンテストで優勝したほどの美貌を持つクリスタルは、王家の子供たちの乳母(ナニー)としてエル・ザフィール王国を訪れた。不格好な眼鏡、だぼだぼな服、引っつめ髪で変装をして。なぜか〝不美人である…
シークの誤算
テレサ・サウスウィック
シークの誤算
恋人に手ひどく裏切られた看護師アリは、アメリカから遠く離れたエル・ザフィール王国までやってきた。今は仕事に集中し、ここで心機一転やり直そう。しかし、カマル皇太子との出会いによって、アリの決心…

シークの孤独 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

何度でも:クレヨン003 2017/09/21

何度読んでも顔がにやける♥ 岩崎先生の描かれる彼ちゃまはどの作品も素敵だけど…

一見いいお話だけど:ハル 2017/09/21

いいお話なようで、身勝手な大人が勝手な都合で子供達を振り回しているだけでし…

流し読み〜〜:tama 2017/09/21

いいお話なんだと思います・・が、なんとも稚拙な絵と表現力、それに構成力。 こ…

地味:ウルスラ55 2017/09/21

おおっと思うようなホットな導入部分から一転、その後はずっと地味…。やることな…

ヒロインが美人:ハル 2017/09/21

この作家さんの作品では、ヒロインがお世辞でも美人とは言えないと表現される容…

幼稚園児じゃあるまいし:ジェニファー 2017/09/21

原作未読です。ダメ出しし始めたらキリがないけど特に…でっかいキリンのぬいぐる…

2時間ドラマ?:クレヨン003 2017/09/21

サスペンスではないけど・・・ラスト近くでの二人のやり取り迫力アリアリ。 でも…

原作は知らないけど…:よう 2017/09/21

この作者のヒロインっていつもイライラする。後ろ向きで、すぐ声をあらげて。ウ…

ないです。:まり 2017/09/21

いやー、厳しいですね、最後まで読むのは辛い。 古臭い悲劇のヒロイン風なテイス…

「我が家のしきたり」ではない:ウルスラ55 2017/09/21

初めのお話、タイトルが「スパニッシュ・クリスマス」。スペインでは大晦日に12…

このページの先頭へ