ホーム > 小説一覧 > 王女のひそかな願い

王女のひそかな願い

テキサス・シーク:花嫁たちシリーズ

王女のひそかな願い

中東の国ムニールの王女アリアは、兄に同行してアメリカに来て以来、つかの間でいいから、自由を味わってみたいと願うようになった。ある日、侍女と遠乗りに出かけ、侍女が落馬しそうになったところを牧場主のコード・ブラニガンが助けてくれた。王国のしきたりによれば、命を救われた者は恩人に捧げられることになっている。アリアは妙案を思いついた。侍女と入れ替わって逃げだそう。ベールをかぶっていれば、見破られることはないはずだ。数日後、コードが迎えに来ると、アリアは胸を高鳴らせて言った。「ご主人様、一生懸命お仕えいたします」■『テキサス・シーク:花嫁たち』の第二話をお届けします。家政婦としてコードのもとに赴いたアリア王女の奮闘ぶりがほほえましい作品です。来月は兄のレイフ王子が主人公です。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

テキサス・シーク:花嫁たちシリーズ

待ちこがれた夜
ミンディ・ネフ
待ちこがれた夜
★もう子供じゃないのに、彼は少しも気づいてくれない。住んでいたアパートメントが全焼し、身一つで逃げたジェシカは呆然と立ちつくしていた。すると、黒いメルセデスが目の前で止まり、男性が降り立った。…
王女のひそかな願い
シャーロット・マクレイ
王女のひそかな願い
中東の国ムニールの王女アリアは、兄に同行してアメリカに来て以来、つかの間でいいから、自由を味わってみたいと願うようになった。ある日、侍女と遠乗りに出かけ、侍女が落馬しそうになったところを牧場…
傲慢な求婚
デビー・ローリンズ
傲慢な求婚
シークがわたしのお目付け役ですって?ブリアンナは憤慨した。二十二歳にもなるのに、兄は自分がハネムーンに出かけるあいだ、花嫁の兄であるレイフ・バーラム王子に監督を頼んだのだ。子供扱いには我慢な…

王女のひそかな願い のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

地味:ウルスラ55 2017/09/21

おおっと思うようなホットな導入部分から一転、その後はずっと地味…。やることな…

ヒロインが美人:ハル 2017/09/21

この作家さんの作品では、ヒロインがお世辞でも美人とは言えないと表現される容…

幼稚園児じゃあるまいし:ジェニファー 2017/09/21

原作未読です。ダメ出しし始めたらキリがないけど特に…でっかいキリンのぬいぐる…

2時間ドラマ?:クレヨン003 2017/09/21

サスペンスではないけど・・・ラスト近くでの二人のやり取り迫力アリアリ。 でも…

原作は知らないけど…:よう 2017/09/21

この作者のヒロインっていつもイライラする。後ろ向きで、すぐ声をあらげて。ウ…

ないです。:まり 2017/09/21

いやー、厳しいですね、最後まで読むのは辛い。 古臭い悲劇のヒロイン風なテイス…

「我が家のしきたり」ではない:ウルスラ55 2017/09/21

初めのお話、タイトルが「スパニッシュ・クリスマス」。スペインでは大晦日に12…

えーーーーーー!!:セリシア 2017/09/21

作家さんは好きなんです。読んだことあるお話だったけれど、どうだったかなーっ…

感動しました:ローズ 2017/09/21

ヒロインと一緒に泣いてしまいました。10年後も年をとっても輝いているヒロイン…

画力が乏しい:ローズ 2017/09/21

月額でしたが途中で挫折しそうでした。原作者に失礼なレベルですね。

このページの先頭へ