ホーム > 小説一覧 > 億万長者の小さな天使

億万長者の小さな天使

億万長者の小さな天使

切望していた子供を持てないまま夫を亡くしたジェイダは、生まれたばかりの女の子を引き取り、リーナと名づけた。ところが1年後、大富豪の実業家アリク・ヴァシンがリーナの実の父親と判明し、裁判所は彼に親権を与えてしまう。いくら血のつながりがあるうえに巨万の富の持ち主だとはいえ、アリクは見るからに傲慢で、その体躯のたくましさは恐ろしいほどだ。こんな人に、かわいいリーナを渡さなければならないなんて!ジェイダは絶望に泣き崩れ、リーナは母と離され泣き叫んだ。アリクはそんな2人をじっと見ていたが、やがて冷たく言い放った。「そんなにこの子と一緒にいたいのなら、ぼくの妻になれ」

5.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

億万長者の小さな天使 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

過去を振り返る旅 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

血のつながった我が子を得た事で、非人間的だったヒーローが変わって行く様がつぶさに描かれています。ヒロインに「自分で面倒をみなさい!」と突き放され、ぎゃん泣きする娘を抱えて途方に暮れた時と、自分の悲惨な子供時代を思い返しながら、ヒロインと娘を連れて町を歩く時のエピソードが好きです。感情がないと言いつつ、驚くほど繊細な感性を持っている。かっこいいけど威圧感に満ちた外見とのギャップに萌えます。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

普通かな:なうしか 2017/08/22

一回話せば解決する様な事が原因で5年も離れる意味がわかりません。普通は5年離…

無理:さんちょ 2017/08/22

顔の絵にほとんどベロが見えるという気持ち悪い絵で途中で断念で、絵だけで評価…

夫婦のみならず:momoiro 2017/08/22

半眼で読んでいましたが、結局泣かされました。この方の独特な絵には、思うとこ…

ほっこり:メリッサ 2017/08/22

温かい話。ネタは重い感じなんだけど、ほっこりしました。こういうのも良いね。

いつも思うのですが:ジョディ 2017/08/22

なんでヒーローは自分がひどい捨て方をしておいて子供のことを知らせなかったヒ…

ある意味:yuru 2017/08/22

変過ぎて面白かったような。

本当に:さんちょ 2017/08/22

何故にこんな平坦な話になるんだろう。 評価が低かったし、セットに入ってたので…

なぜに?:さんちょ 2017/08/22

小説版では忘れえぬ絆シリーズとして他の方が記述している通り、義弟の”情熱の傷…

とても華やか:セリシア 2017/08/22

悪人は悪人らしく。というか、あの元婚約者の行動力にも吃驚する。 ヒーロー以外…

原作読みたくなった(笑):KIKI 2017/08/22

本当はして欲しくないけど原作を脚色してるのか、私の読解力が年齢とともに衰え…

このページの先頭へ