ホーム > 小説一覧 > 花嫁は大株主

花嫁は大株主

花嫁は大株主

この世に私ほど幸せな女がいるかしら。メレディスは鏡に映った自分の花嫁姿にほほ笑みかけた。ライアンをパーティで見かけて、彼女は一目で恋に落ちた。名前もわからないままパーティは終わってしまったのに、帰りのエレベーターを待っていたとき、彼が幻のように現れて横に並んで立ったのだ。エレベーターでの短い会話が、幸福の始まりとなった。だが、メレディスはあまりにも無邪気だった。彼に下心があったとは夢にも思わなかったのだから。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 400円 / 450円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

花嫁は大株主 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ヒロインが軽率 評価3 3

一目ぼれでぐいぐい迫ったヒロイン。それなのにヒーローがヒロインに興味を持ったきっかけが持ち株だったことがわかって、百年の恋が冷めてしまいます。ヒーローは素敵なのに、ちょっとデリカシーがない。きっかけは何であれ、確かに愛情を示されているのに、意固地になったヒロインはなかなか素直になれません。ヒーローが言葉足らずなので、仕方ない部分もある。ジェシカ・ヒロインにしては珍しく、それほどけなげじゃないちょっと幼いヒロインでした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

最後があっさり:きらっち 2017/12/15

全体としては面白かったです。でも、最後があっさりしすぎな感じ。

今後の自分へ→読まないで:momoiro 2017/12/14

こういうのはハーレクインでは読みたくない。再生の物語ですが、読み手として事…

山場なし:きらっち 2017/12/14

特にこれと言った山場も障害もなく話が終わってしまった感じ。

なんでまた:きらっち 2017/12/14

ペニー・ジョーダンの話をこんな絵柄の作家さんに任せるかなー。私も月額だから…

ヒロインの魅力が今ひとつ:きらっち 2017/12/14

美人でもなく卑屈なヒロインにヒーローが惹かれた理由が分からなかった。一目惚…

なんだかな:きらっち 2017/12/14

ストーリーが散漫でちっとも入り込めない。3兄妹みんな腹黒くてヒロインにも魅力…

絵はキレイなんですが:しむしむ 2017/12/14

ヒストリカルのお話のいい所は、時代が昔の設定だからこその不便さやじれったさ…

こんな話を:momoiro 2017/12/13

面白かった!漫画になっても原作をそのまま読んでいるような印象でした。お話が…

悪くはないけど…:キッド 2017/12/14

ヒロインが残念すぎます。 自己中、KY、他人の家庭の事情を勝手に話す。 こんな…

すごい好きな作品。:とくの 2017/12/14

ヒロインがしっかり自分をもっていて流されない所が共感がもてた。かなり好きな…

このページの先頭へ