ホーム > 小説一覧 > 愛に濡れた人魚姫

愛に濡れた人魚姫

愛に濡れた人魚姫

身体を引き裂くような痛みとともに訪れるエクスタシー……それは人魚が“人間の女”になる儀式。ティファニー・ライスが贈る、エロティカ短編第2弾!NYの闇の帝王キングズリー・エッジが所有する、秘密の会員制高級ナイトクラブ〈ファゾムズ〉。酒を飲みくつろぐ男たちを囲むように据え置かれた巨大な水槽の中で、銀の鱗のタトゥーをきらめかせた全裸の美しい少女たち――マンハッタン・マーメイド――が優雅に泳いでいる。彼女たちはキングズリーによって庇護され、高給を支払われ、豪華なアパートメントをあてがわれる。“キングズリーのマーメイドは処女でなければならない”という、たったひとつの条件のもとに。処女を失う――それはマーメイドが人間の女になるとき。即ち、〈ファゾムズ〉を去るとき。NYきっての若手弁護士デレク・プリンスは、そんなマーメイドたちの中でもひときわ美しいジーニアに恋をした。彼女のどこに触れても、キスをしてもいい。狂いそうなフェラチオをされることも許されている。欲望に猛る彼のモノを、ジーニアの処女に突き立てさえしなければ。だがデレクは、ジーニアの最初で最後の男になりたいという想いを、次第に抑えられなくなっていく――。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 200円 / 250円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛に濡れた人魚姫 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

うむむ。愛が見付けられなかった・・・:金鳳花 2017/05/23

重いお話です。ヒロインの生き悩んでいる状況が気になって一気にストーリーに引…

面白く描いているようで・・:tama 2017/05/23

二人のつまらないやりとりにイライラするばかりでした。 何よりお酒のせいで、泥…

毎度思うことだけど:はとめ 2017/05/23

人の話を聞かない、事実を徹底的に調べないような軽率なヒーローが大企業のCEOと…

鬼退治:なうしか 2017/05/23

キュンとする所は無くて、鬼退治みたいな話です。

雰囲気はあるかなー:セリシア 2017/05/22

すごく雰囲気のある絵柄で緩やかな印象。 ただ、ちょっとそれはどうなの?という…

唐突!:なうしか 2017/05/22

急に怒って子供を取り上げて、ドヤ顔で迎えに来たって感じ。 ヒーローの気持ちが…

残念過ぎる:ルカ 2017/05/22

原作が好きなだけに稚拙な絵が残念です。ハーレクインでなければいいかも。内容…

久しぶりに:編み虫 2017/05/22

良い内容でした。

な・なつかしぃ~:クレヨン003 2017/05/23

おばさんの私が子供のころから知っている先生だ。 びっくり!!    お元気で…

読み応えあり:ロマンスプリンセス 2017/05/22

ヒロインのみならず、私もギリシャ神話のアドニスのようなヒーローに心奪われま…

このページの先頭へ