ホーム > 小説一覧 > 悪魔公爵と一輪のすみれ

悪魔公爵と一輪のすみれ

悪魔公爵と一輪のすみれ

不埒な生きざまから“社交界の★悪魔/デビル/”と呼ばれる公爵ルパートは、パーティの最中、レディがにやけた伊達男に襲われているところに出くわした。とっさに助けた彼は、女性がパンドラ・メイベリーと知り目をみはる。1年前、二人の男がパンドラを巡る決闘で命を落としたという。以来彼女は魔性の女と囁かれているのだ。それにしても……実に美しい。潤んだすみれ色の瞳は、悪評とは裏腹に汚れ一つなく見える。ルパートはその瞳を見つめるうちひらめいた。もしかしたらぼくの目下の悩みは解決するかもしれない――彼女を花嫁にすれば。

4.0 評価集計 7件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

悪魔公爵と一輪のすみれ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ワクワクしました 評価5 5

とても面白かったです。ヒーローの悪魔というニックネームは???でしたが、悪魔どころか紳士で素敵です(^^)ヒロインも思いやり深く・・でもシンが強い・・みなさんの評価が低くてちょっとがっかりしましたので・・・投稿しました

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】あっけない… 評価2 2
ロマンス ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

うむむ。愛が見付けられなかった・・・:金鳳花 2017/05/23

重いお話です。ヒロインの生き悩んでいる状況が気になって一気にストーリーに引…

面白く描いているようで・・:tama 2017/05/23

二人のつまらないやりとりにイライラするばかりでした。 何よりお酒のせいで、泥…

毎度思うことだけど:はとめ 2017/05/23

人の話を聞かない、事実を徹底的に調べないような軽率なヒーローが大企業のCEOと…

鬼退治:なうしか 2017/05/23

キュンとする所は無くて、鬼退治みたいな話です。

雰囲気はあるかなー:セリシア 2017/05/22

すごく雰囲気のある絵柄で緩やかな印象。 ただ、ちょっとそれはどうなの?という…

唐突!:なうしか 2017/05/22

急に怒って子供を取り上げて、ドヤ顔で迎えに来たって感じ。 ヒーローの気持ちが…

残念過ぎる:ルカ 2017/05/22

原作が好きなだけに稚拙な絵が残念です。ハーレクインでなければいいかも。内容…

久しぶりに:編み虫 2017/05/22

良い内容でした。

な・なつかしぃ~:クレヨン003 2017/05/23

おばさんの私が子供のころから知っている先生だ。 びっくり!!    お元気で…

読み応えあり:ロマンスプリンセス 2017/05/22

ヒロインのみならず、私もギリシャ神話のアドニスのようなヒーローに心奪われま…

このページの先頭へ