ホーム > 小説一覧 > 恋する個人秘書

恋する個人秘書

華麗なるシチリアシリーズ

恋する個人秘書

日曜日の朝6時、電話が鳴り響く。「エラ、今すぐ来てくれ」サント・コレッティの個人秘書として働くようになって4カ月、時間外の呼び出しには慣れっこになっていた。イタリアなまりの強い、深みのある低い声が寝起きの耳を愛撫する。どんなに傲慢で、わがままで、女ぐせが悪くても、サントはシチリア名家の御曹司として眩しいほどのオーラを放ち、エラの心を惑わせる。ボスにこんな感情を抱くのは禁物なのに。いいえ、それもあと少しのこと。エラは仕事を辞めようと思っていた。だが駆けつけた先でサントのある姿を見たとたん、エラは胸をつかれ、彼のもとを離れることなどできないと悟った。もしかしたら、永遠に。

2.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

華麗なるシチリアシリーズ

華麗なるシチリアシリーズ

一夜かぎりのエンゲージ
キャロル・マリネッリ
一夜かぎりのエンゲージ
有力者の一族同士の結婚式を取材するためシチリア島を訪れたエミリー。この結婚の裏に何か秘密があるらしいと気づき、怪しまれない調査方法を探す彼女に、偶然出会った魅力的なイタリア人大富豪アントンが…

華麗なるシチリアシリーズ I

恋する個人秘書
キャロル・マリネッリ
恋する個人秘書
日曜日の朝6時、電話が鳴り響く。「エラ、今すぐ来てくれ」サント・コレッティの個人秘書として働くようになって4カ月、時間外の呼び出しには慣れっこになっていた。イタリアなまりの強い、深みのある低い…

華麗なるシチリアシリーズ II

盗まれたキスの顛末
サラ・モーガン
盗まれたキスの顛末
コレッティ家のパーティでパパラッチに追われたテイラーは、広大な屋敷の庭園にある、生け垣の迷路に逃げ込んだ。そのいちばん奥で、彼女はルカ・コレッティと出会う。ひと目で惹かれ合ったふたりは熱いキ…

華麗なるシチリアシリーズ III

憎まれても君が欲しくて
アビー・グリーン
憎まれても君が欲しくて
ヴァレンティーナは、幼いころからずっと、兄の親友でシチリア名家の御曹司、ジオ・コレッティに夢中だった。彼の所有する馬から落ちた兄が、不慮の死を遂げるまでは……。ジオへの愛と、兄を失った深い悲し…

華麗なるシチリアシリーズ IV

億万長者と嘆きのメイド
ケイト・ヒューイット
億万長者と嘆きのメイド
メイドのルチアは、アンジェロ・コレッティにとって唯一の友人だった。シチリア名家の婚外子として蔑まれ、孤独なアンジェロに、ルチアは幼い頃から寄り添い、支え、慰めた。ある夜、たった一度だけ、二人…

華麗なるシチリアシリーズ V

鳥籠の妻
シャロン・ケンドリック
鳥籠の妻
一族の恥ずべき秘密を知って打ちのめされたローザ・コレッティは、生まれて初めてナイトクラブに足を踏み入れ、お酒を飲んだ。酔いと絶望に朦朧とするなか、心臓は割れそうなほど強く打っている。なぜなら…

華麗なるシチリアシリーズ VI

熱いサンクチュアリ
ケイトリン・クルーズ
熱いサンクチュアリ
エレナは逃げていた。暴力をふるう婚約者から。陸地にいてはきっと見つかってしまう。そう考えた彼女は、豪華なクルーザーの掃除人兼雑用係として働き始めた。だがそこでエレナは、元婚約者よりも恐ろしい…

華麗なるシチリアシリーズ VIII

悪魔を愛した乙女
メイシー・イエーツ
悪魔を愛した乙女
一族同士は憎み合っていても、アレッシア・バッタグリアは、マッテオ・コレッティをずっと恋い焦がれていた。そんなアレッシアに、両家和解のための結婚が命じられる。相手はよりにもよって、マッテオの従…

華麗なるシチリアシリーズ Ⅵ

蹂躙の口づけ
リン・レイ・ハリス
蹂躙の口づけ
“太りすぎの臆病なねずみ”“コレッティ家の恥さらし”パーティの最中に浴びせられた暴言にショックを受けたリアは、会場を抜け出し、ドレスをまとったままプールに身を沈めた。死ぬ気などなかったが、危うく…

恋する個人秘書 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

仕事と恋の境界線 評価2 2

公私混同を否定する割になし崩しでだらしない感じがぬぐえない。ヒーローがヒロインを採用した動機も不純だし、ヒロインが夢見ていた仕事につくのに、ヒーローとの関係を利用して甘えているようなところが嫌だ。同じ流れでもヒロインとヒーローが仕事で互いを尊敬できるような場面があれば違ったかもしれない。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ひどい話:しゅう 2016/12/03

ヒロインは、この男この家族を許せるのか? 理解できないわぁ・・・

シリーズ第一弾:ひゅん 2016/12/03

表紙からドキドキ。素敵ですね。お話しの内容やストーリー展開もよかったです。…

一言でいうならば:ひゅん 2016/12/03

ハーレクイン向きの絵柄ではないのです。他のジャンルならいいかもしれません。 …

あーもう苦しい:セリシア 2016/12/02

お話自体いろいろ重い。ほんと目が離せなかった。 ヒロインには幸せになってほし…

絵は大事です。:小野寺 2016/12/02

絵柄の好き嫌いに関わらず、画面の雰囲気は大事です。たとえ美しい絵ではなくて…

シリーズなのに:さんちょ 2016/12/02

楽しく読んでたのに、突然幼稚な絵が入ってくるのはなんだか許せない。 毎回思う…

線が細い:じ 2016/12/02

絵が下手なわけではない、話運びもワクワクする。なのに線が細すぎて、人物が沈…

紙芝居みたい。:さこちゃん 2016/12/02

切り貼りしたような絵にちょっとガッカリ。 躍動感と言うか、動きのない紙芝居み…

ちょうどいい悪役:みるにゃあ 2016/12/01

ヒロインもヒーローも大人で穏やかに話が進む感じです。そしてそれを潰さない程…

ヒロインが最悪:セリシア 2016/12/03

ここまでひどいヒロインはあまりないと思うとある意味珍しいですかね。 ひたすら…

このページの先頭へ