ホーム > 小説一覧 > 砂漠の姫君

砂漠の姫君

砂漠の姫君

砂漠の王女ライラは逃げ出した。国を守るために。亡き父王が決めた年寄りの暴君ではなく、次期国王としてよりふさわしいと噂されるシーク、ラズ・アル・ザーキと結婚しなければ、私にも国にも未来はない。彼は噂以上の人物だった。ルックスも人格も、王としての手腕も。国のため、という理由のみで夫婦となったふたりは、掟どおり夜の閨をともにし、ライラは初めて歓びを知った。しだいに芽生えていった夫への愛はしかし、悲しみと裏腹だった。どれだけ情熱的な夜を過ごそうとも、彼女の愛が届くことはない。彼はライラの一族に殺された妻を、いまも強く愛しているのだから。

4.0 評価集計 7件の評価
評価する
評価5
4
 

評価4
2
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

砂漠の姫君 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

感動的です。 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

シークものの中でも、強く魅力的なヒーローと控えめなヒロイン。とても私好みの感動的なお話でした。

参考になりましたか?はい いいえ
うるうるできます。 評価4 4

ヒロイン、プリンセスなんですけど、生い立ちが悲惨で涙。ヒーローはいい人だし、比較的洞察力が優れてるところが素敵なんですけど。妹と弟のお話が次作なのかな、楽しみです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

可愛い:セリシア 2017/06/28

体型は確かに、ちょっと、というか、かなりというかぽっちゃりヒロイン。最後ま…

結構好き!:セリシア 2017/06/28

傲慢ヒーローだとは思うんですが、嫌な部分も確かに。でも、常になんだか違和感…

雰囲気がある:セリシア 2017/06/28

物語に雰囲気があるところが好きです。ヒーローは若干歪んでるし、ヒロインもい…

何これ?:ねこりん 2017/06/28

無料でなかったら読みません。 いや、無料でも読んで損した気分です。

かわいいヒロイン:まい 2017/06/27

明るくて一生懸命でかわいいヒロイン。とっても好感がもてます。そんなヒロイン…

つなぎが悪い。。。:Aroma 2017/06/27

レビューされた方皆さんのおっしゃってる通りですね。この作品紙ベースで読んだ…

ああ、もったいない~。:金鳳花 2017/06/27

全てに余裕のなさを感じます。ゆったりと2冊組とかで駆け足じゃないストーリー展…

スピンオフ:ウルスラ55 2017/06/28

ずっと前に読みましたが再読です。面白くなくは無いけど地味なお話かなあと思い…

パパとママのロマンスも見たい:サノア 2017/06/27

5人兄弟(妹)のお話も、これでおしまいですね。ほんわかな牧あけみ先生の漫画で…

深みがない。:たこまる 2017/06/27

悪い話ではないです。が、申し訳ないが絵師さまが完全にお話を 生かしきれてませ…

このページの先頭へ