ホーム > 小説一覧 > 緋色の髪の乙女

緋色の髪の乙女

緋色の髪の乙女

1年前に事故で両親を亡くし天涯孤独になったエレノアは、遠縁の公爵未亡人のもとに身を寄せ、話し相手を務めている。そんな彼女が寝ても覚めても頭に思い描くのは、公爵未亡人の孫、ジャスティン――経験豊かな金髪碧眼の公爵だ。しょせんは身分違いの片想いだと自分を戒めるエレノアに、ある日、社交界デビューの話が持ち上がった。しかも公爵未亡人が後見人に指名したのは、なんとジャスティン。彼女がきちんと嫁げるよう持参金を用意してやると話す彼の、どこか面白がっているような様子に、エレノアは傷ついた。彼は適当な花婿を見つけて、私を追い払おうとしているんだわ!

4.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
3
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

緋色の髪の乙女 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

軽く読めるヒストリカル 評価4 4

ヒストリカルですが、とても読みやすい一冊です。冷酷傲慢な公爵様と言われていますが、公爵様のヒロインに対するめろめろっぷりが何だかおかしいです。ちょっと押しが強いので、ヒロインがふりまわっされぱなし。身分違いの恋とはいえ、周りの横やりがないので、どちらかといえば楽しい展開てんこ盛りです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ヒーローの存在:はとめ 2017/08/19

意味ありました?ってぐらいヒロインだけで解決できたストーリー。 このヒーロー…

どこを好きになったんだろ?:エリカ 2017/08/19

もう一度読み直したら、短期間で「愛してる」って言ってるのが違和感でした。

原作既読:ハレル 2017/08/19

原作をより良くまとめたのが、コチラの作品と思います(^^) ヒロインを想うあまり…

母親:ウルスラ55 2017/08/18

ヒロイン母、微妙に毒ですね。最後に出てきてちょっと謝って欲しかったな。「私…

この作画者では:さんちょ 2017/08/18

かなりドロドロな内容だけど、全てがあっさり。 作画者の絵にもよるものが大きい…

情感が湧いてこない。:銀ヤンマ 2017/08/18

セシリアさんのコメントを読んで、どうなんだろうかと読んでみました。確かにそ…

表現が個性なんでしょうけれども:セリシア 2017/08/18

あいかわらずというか、面白い表現の仕方だなーと思います。 お話にのめり込もう…

ちょっと理解不能……:セリシア 2017/08/18

流れ的にはわかるのですが、私の理解力が足りないのか少しついていけず……なんか…

ちょっとほろり:セリシア 2017/08/18

別府さんには大変申し訳ないんですが、ちょっとコメディい調のノリというか、絵…

サスペンス:まめ姫 2017/08/17

面白い。前半はハーレクインらしいお互いの想いのすれ違いと思い込み、後半から…

このページの先頭へ