ホーム > 小説一覧 > 霧の中の出会い

霧の中の出会い

再会に乾杯シリーズ

霧の中の出会い

スコットランドの村で治療師をするフィオナの家にある日の夜更け、アメリカ人らしき男性が訪れた。ここへはめったに人は訪ねてこないのに、何の用だろう。それに、彼はひどい咳をしている。今すぐ休ませないと、肺炎にかかってしまうわ。見知らぬ男性への興味は、体が弱っていてもなお伝わってくる強烈な男らしさのせいでいっそう駆りたてられた。フィオナが名乗ると、男性はいきなり彼女の手を取って言った。「きみこそ、ぼくが探し求めていた女性だ!」

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

再会に乾杯シリーズ

霧の中の出会い
アネット・ブロードリック
霧の中の出会い
スコットランドの村で治療師をするフィオナの家にある日の夜更け、アメリカ人らしき男性が訪れた。ここへはめったに人は訪ねてこないのに、何の用だろう。それに、彼はひどい咳をしている。今すぐ休ませな…
略奪者に囚われて
アネット・ブロードリック
略奪者に囚われて
その肖像画は、憎しみから生まれた。画家のケリーは、父の会社を奪い死に追いやったドミニク・チャカリスへの憎悪をカンバスに叩きつけた。彼の冷酷さをあますことなく表した肖像画は噂になり、やがてドミ…
古城で待つ人
アネット・ブロードリック
古城で待つ人
自分が養子だったと知ったジェンナは、生みの親の手掛かりを求めて、スコットランドにやってきた。腰を落ち着けて探すためには、働き口を見つけなければならない。だが紹介された職は、気難しい城主のタイ…

霧の中の出会い のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

絵はキレイなんですが:しむしむ 2017/12/13

ヒストリカルのお話のいい所は、時代が昔の設定だからこその不便さやじれったさ…

こんな話を:momoiro 2017/12/13

面白かった!漫画になっても原作をそのまま読んでいるような印象でした。お話が…

悪くはないけど…:キッド 2017/12/13

ヒロインが残念すぎます。 自己中、KY、他人の家庭の事情を勝手に話す。 こんな…

すごい好きな作品。:とくの 2017/12/13

ヒロインがしっかり自分をもっていて流されない所が共感がもてた。かなり好きな…

結果良ければといいますが。:mochi 2017/12/13

水着を着て泳ぐのと 着衣(しかもスカート!)で川投げ込まれるのは全然違います…

この田舎町で:ウルスラ55 2017/12/12

あの水着どうやって手に入れたw アダルトサイト?

およよ。なんかすごいストーリー:金鳳花 2017/12/12

きれいな作画でスルスルっと進むんですが、なかなかヘヴィなストーリー。ヒロイ…

絵が素敵:momoiro 2017/12/11

人を素敵に描いてるし、ヒーローがヒロインよりヒロイン。こんな話なのに見られ…

キャベンディッシュさんちの話:ウルスラ55 2017/12/11

現在、小説版の「貴婦人修業」を平行して読んでいます。あちらでも若造時代のブ…

話が、もったいなさすぎ:momoiro 2017/12/12

絵はかわいいところもあるのに、これから良くなりそうなのに、コマ割りからもう…

このページの先頭へ