ホーム > 小説一覧 > はかないキスに涙を添えて

はかないキスに涙を添えて

はかないキスに涙を添えて

父を知らず、母にも愛されずに成長したエリンは赤ん坊のライリーを心の支えに、夫が遺したロッジを営んでいる。しかし、そんなささやかな幸せを一通の手紙が打ち砕く。それはライリーのDNA検査を依頼する内容だった。体外受精をしたクリニックで重大な過誤があったというのだ。まさか……息子の父親が、赤の他人だなんて!もしも親権を奪われたりしたら……。言い知れぬ不安を胸に、エリンは夫の喪が明けて最初の客を出迎える。憂いをおびた瞳のハンサムなその宿泊客、サムこそが息子の実の父親で、ライリーを奪い取ろうとしているとは、夢にも思わず。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

はかないキスに涙を添えて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

悲劇のヒロイン 評価3 3

ヒロインの生い立ちから、今置かれている状況の全てが過酷すぎて、原作者に「やり過ぎだろ!」とロマンス小説を読みながらツッコミを入れてしまいました。 クリニック側の過誤?の事は殆ど触れられていないのがちょっと不自然かな…… 共にクリニック側の被害者な二人だけど後半のヒーローの態度。 言葉は悪いけど正直胸糞悪くて、私だったら絶対に許さないわぁ~(だからロマンスとは無縁なのね)

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

うん…:ネコネコ 2017/04/22

途中で読む気がしなくなってしまった…この私が!

原作とはまた違って良い♪:アリィ 2017/04/22

確かにストーリーは違うけど、夏先生のこのお話はこれで十分説得力があると思い…

えー!!どこが良いの?:なうしか 2017/04/23

評価が高いのですが、どこが良いの? これはダメだろう!昔、別れた意味もない!

眉間にシワがよる:なうしか 2017/04/21

嫌な気持ちになります。

フツーのおはなしでした:にゃんこ 2017/04/21

作者さんの策略にはまり、キウイをさがしてしまいました。あはは。

桜屋先生作品Good!:アリィ 2017/04/21

原作既読ですが、原作のヒーロー、私にとってはあまり好きになれない雰囲気があ…

素敵なお話でした:エリザベス 2017/04/21

心の内側や動きが丁寧に描かれていて、とても素敵なお話でした。

ムカつく:なうしか 2017/04/23

ムカつく。 5歳児といえど、母が冷遇されてる家であんな無邪気になる訳がない。…

素敵:ウルスラ55 2017/04/20

絵がもう少し大人っぽかったら言うことないかな~時々寸足らずに見えるので。 で…

ちょっとほろり:セリシア 2017/04/21

パターン的な話だとは思います。HQならではの。 読み手からすれば、誤解だよ。と…

このページの先頭へ