ホーム > 小説一覧 > 略奪者に囚われて

略奪者に囚われて

再会に乾杯シリーズ

略奪者に囚われて

その肖像画は、憎しみから生まれた。画家のケリーは、父の会社を奪い死に追いやったドミニク・チャカリスへの憎悪をカンバスに叩きつけた。彼の冷酷さをあますことなく表した肖像画は噂になり、やがてドミニク本人の知るところとなる。彼は電話をかけてきて、話したいことがあると食事に誘った。肖像画を描き始めてから、ケリーは寝ても覚めても彼のことが頭から離れなかった。会って憎しみを直接ぶつけるまたとないチャンスかもしれない。ケリーは彼と対決することに決め、誘いを受け入れた。

5.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

再会に乾杯シリーズ

再会に乾杯シリーズ I

霧の中の出会い
アネット・ブロードリック
霧の中の出会い
スコットランドの村で治療師をするフィオナの家にある日の夜更け、アメリカ人らしき男性が訪れた。ここへはめったに人は訪ねてこないのに、何の用だろう。それに、彼はひどい咳をしている。今すぐ休ませな…

再会に乾杯シリーズ II

略奪者に囚われて
アネット・ブロードリック
略奪者に囚われて
その肖像画は、憎しみから生まれた。画家のケリーは、父の会社を奪い死に追いやったドミニク・チャカリスへの憎悪をカンバスに叩きつけた。彼の冷酷さをあますことなく表した肖像画は噂になり、やがてドミ…

再会に乾杯シリーズ III

古城で待つ人
アネット・ブロードリック
古城で待つ人
自分が養子だったと知ったジェンナは、生みの親の手掛かりを求めて、スコットランドにやってきた。腰を落ち着けて探すためには、働き口を見つけなければならない。だが紹介された職は、気難しい城主のタイ…

略奪者に囚われて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

何度読み返しても新鮮 評価5 5

誤解は早々に解決するんですが、絶妙のタイミングでのすれ違いがとても楽しい。ヒーローは欲望全開だしメロメロ度もかなり見え見え。距離を置くぞと決心して、煩悩に振り回されながらも我慢しきれず連絡すると「イタリアに行っています」。イタリアから戻り順風満帆にと思うと、悪意の嘘を信じてヒロインを捨てるパターン。荒んだ心境でイライラしていると、あんな酔っ払いのたわごとを信じてと親友に言われまた連絡すると「外国に行ってます」。ヒロイン家族の秘密が次々出てきて、真相追及にも心が向いている為、メソメソしているより次々行動を起こすのですがすがしい。結局逃げると言うより、心の整理や家族問題の為に海外に行くヒロインと、距離を置くだの、だまされただのと言いながら追いかけるヒーローでした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いつから?:kaeru 2016/12/04

いつ結婚するほど好きになったのかわかりませんでした。もっとお互い惹かれあっ…

安いっ:なうしか 2016/12/04

安い女にしか見えない〜 ダサい感じなのに処女でもないし。 妙なとこでプライド…

夫婦再生の物語:あずき 2016/12/04

とてもハーレクインの作画とは思えなかったのですが。これ宙時代の頃に出版され…

美人姉妹と美男兄弟:あずき 2016/12/04

姉妹シリーズものですが自分はこちらの作品が好みでした。こんな素敵なヒーロー…

ある意味王道ロマンス:やま 2016/12/04

ヒロインに直感に任せろと言いながら自分自身の直感はサッパリ受信でいないヒー…

涙でました:れたす 2016/12/04

私が個人的に思うハーレクインの王道のひとつでした。 主人公たちもとても魅力的…

よくわからない:kaeru 2016/12/04

とにかくいろんなことが激しくて、わけがわからないまま終わってしまったという…

悪くない:kaeru 2016/12/04

少し物足りないけど、悪くないといった感じでした。上手く説明できないので「読…

絵、下手になりましたか?:kobutanaoko 2016/12/04

前作から比べると、作画様の絵が、大変、下手になったように思われ、残念です。 …

う~ん…:ワニャンニュ 2016/12/04

ヒロインの、自分だけが悲しんでる自分だけが不幸って感じが好きになれなかった…

このページの先頭へ