ホーム > 小説一覧 > 億万長者に捧げた一夜

億万長者に捧げた一夜

億万長者に捧げた一夜

ニューヨークへ向かうバスに揺られ、ホリーは緊張していた。調香師だった亡き祖母と一緒に作った大切な香水“コレット”これを企業に売り込み、多くの人に送り届けることが夢なのだ。ところが目も眩むような贅沢なオフィスに足を踏み入れたとたん、見知らぬ魅力的な男性にいきなり連れ去られ、彼女は縮みあがった。折しもその日は新商品のCMモデルのオーディションが開かれており、気づけばホリーは正体を明かす前に、モデルとして採用されていた。しかも驚いたことにあの魅力的な男性──会社社長ドラゴの手練手管に操られ、夢のような一夜を過ごす。だが1年後、彼女は幼い息子を抱え、貧しい生活を強いられていた……。

4.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

億万長者に捧げた一夜 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

振り子のように揺れ動くヒロインの境遇 評価4 4

ものすごく性格の悪いライバルがいるとか、ヒーローが冷血漢だとか、マイナスの要因が全くないにもかかわらず、転がるように貧乏生活を強いられるヒロイン。思わぬ展開とはいえ、誰も悪くない。こんな人生もあるかもしれないなあとしみじみ思いました。怒涛の展開を繰り広げてしまうヒロイン。波乱に富んでいますね。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

すごく良かったです!:ローズ 2017/04/26

よくいるHQのヒロインとは全然違います。こんなヒロインいませんでした。でも大…

ヒロインの性格が良い:ローズ 2017/04/26

辛い目にあってきたのに前向きで明るいヒロインに好感が持てます。

子供が可愛くない:ローズ 2017/04/26

顔は可愛いんですけど、なんか好きではなかったので。ヒーローとヒロインも好き…

突然終わった:ローズ 2017/04/26

まさかこれで終わり?仕事はどうなったのでしょう…。

体格の差が:ローズ 2017/04/26

いつも女性が小さすぎる作家さんですよね。ロマンス小説が原作とはいえ、ヒロイ…

ステキ:めるちゃん 2017/04/26

絵も内容もHQにふさわしい作品です。 秋元先生の作品の中でも上位に好きだし、数…

普通でした:305 2017/04/26

あまり期待していなかったけど三作目はよかったです。

グレイ?:アリス 2017/04/26

ヒロインがイメチェンした時、私には宇宙人にしか見えなかった。絵もひどいが話…

コミックの方がすきかな:ハル 2017/04/25

読みながら、コミックの画が浮かんで来るようでした。どちらかというと、スッキ…

セリフだけで話が進む:なうしか 2017/04/25

なんか、お互い独り言をベラベラ喋ってる感じ。 センスなさすぎ。

このページの先頭へ