ホーム > 小説一覧 > 殿下に捧げる初恋

殿下に捧げる初恋

青き海のプリンスたちシリーズ

殿下に捧げる初恋

護衛隊長の父とともに宮殿で暮らし始めた12歳のときから、アビーはヴィンチェンツォ皇太子を兄のように慕い、憧れていた。けれど身分の違いは明らかで、彼はやがて近隣国の王女と結婚し、彼女は良き友人として密かな恋心を封印した。やがて28歳になり、アビーは胸に大きな秘密と不安と喜びを抱えていた。子宝に恵まれぬ皇太子夫妻の代理母として、彼の子を身ごもっているのだ。不幸にも、皇太子妃は先日、不慮の事故で亡くなってしまったが。ヴィンチェンツォを励ますためにも、元気な赤ちゃんを産まなければ!しかし、アビーが宮殿にいられるのは出産までという契約。愛する皇太子との別れが、刻一刻と近づいていた……。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

青き海のプリンスたちシリーズ

青き海のプリンスたちシリーズ I

殿下に捧げる初恋
レベッカ・ウインターズ
殿下に捧げる初恋
護衛隊長の父とともに宮殿で暮らし始めた12歳のときから、アビーはヴィンチェンツォ皇太子を兄のように慕い、憧れていた。けれど身分の違いは明らかで、彼はやがて近隣国の王女と結婚し、彼女は良き友人と…

青き海のプリンスたちシリーズ II

皇太子と臆病なシンデレラ
レベッカ・ウインターズ
皇太子と臆病なシンデレラ
7年前に婚約者を亡くし、罪悪感に苛まれ恋に踏み出せないカロリーナ。彼女は王家に嫁いだ親友につれられて美しい島国、ジェメリ王国を訪れ、カリスマ的な魅力を持つ皇太子ヴァレンティノと出会った。華麗な…

殿下に捧げる初恋 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

割と好み:Alizee 2017/03/28

絵も美しいしハーレクインにピッタリ。少し前の作品かな。よくある物語です。丁…

う~ん!!:すず 2017/03/28

以前よく似た内容のものがありました。父とヒーローが話しているところへヒロイ…

ヒロインが子供:ローズ 2017/03/28

17歳にしか見えないと言われていますしそう見えます。だからちょっと見た目で感…

本当最低男ですよね:ローズ 2017/03/28

子供ができにくいってだけでポイ捨てするヒーロー。その別れ方が汚すぎて最低で…

絵が…:まめ 2017/03/28

とても残念でした。 美しくてゴージャスでキラキラした世界なHQが好きなので、ス…

この方もまた:あやの 2017/03/28

作品を重ねる度にハーレに馴染んだ美しい画を描かれるようになったなあ、ハーレ…

読み応えあり!:クララ 2017/03/27

色々なエピソードが見事にまとめあげられていて読みやすいし読み応えあるしで大…

涙の雨のあとで:ゴンジュ 2017/03/28

とてもよく心理描写が描かれていると思います。コミックでは読んだことがあるの…

泣いた:ネコネコ 2017/03/26

119ページのヒロインの台詞にドキューンとやられました。いや、もう、ヒーローの…

え~っと:まつ栗 2017/03/26

秋乃さんのハーレが好きなので読みました。が、原作のせいでしょうが、またそう…

このページの先頭へ