ホーム > 小説一覧 > 裸の王様

裸の王様

大人のためのエロティック童話シリーズ

裸の王様

おとぎばなしは決して幼い子どもだけのものじゃない。おとなの女性たちに贈る、心と官能が満たされる物語。部屋を暗くして、キャンドルを灯して、ようこそ恍惚の世界へ――。<br><br>★愚か者には見えない衣装をまとった、あの王様の話はご存じですよね?それでは、“誰にも見えない”ドレスをまとった、皇后陛下のお話は……?★<br><br>その皇后は国でたいそう人気があった。美しく機知に長け、夫の皇帝とも仲睦まじい。だが皇后にはたったひとつだけ、奇妙な性癖があった。それは、見られることに異常なまでの歓びを見出す“露出癖”があること。ある晩、ついに皇后は生まれたままの姿で晩餐会に現れた。「どう? 新しい仕立て屋につくらせた特別なドレスなの」息をのむ貴族たちを前に満足げな皇后を見て、さすがに皇帝は案じた。せめて公衆の面前では、愛する妻が“見られる歓び”を追求せずにすむよう、私が手を打たねば――。皇帝は城の中に秘密の劇場をつくらせ、家臣を招いた。あの“ドレス”を着た妻を舞台に上げ、私も同じ“衣装”で彼女の背後に立つ。後ろから突かれ、エクスタシーに悶える姿を観客に見られ、妻はどんなに歓ぶだろう……!

1.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 200円 / 250円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

大人のためのエロティック童話シリーズ

大人のためのエロティック童話シリーズ I

美女と野獣
ナンシー・マドア
美女と野獣
囚われの身である私に対して、野獣は常に紳士的に振る舞った。毎夜プロポーズを拒んでも、彼は決して逆上したりなどしなかった。だがある晩、うなされる野獣の声にいてもたってもいられず彼の寝室に飛び込…

大人のためのエロティック童話シリーズ II

白雪姫と7人のこびと
ナンシー・マドア
白雪姫と7人のこびと
意地悪な継母に城を追われ、森へ逃げ出した白雪姫は、行き場をなくし、7人のこびとたちが暮らす家に身を寄せた。こびとたちはみな美しい白雪姫に一目惚れ。だが白雪姫は、もう自分を愛してくれる王子様とは…

大人のためのエロティック童話シリーズ III

シンデレラ
ナンシー・マドア
シンデレラ
シンデレラは苦悶していた――ガラスの靴が足に食い込み、窮屈で仕方がない。ハンサムな王子に妻として選ばれ、幸せの絶頂にあったはずなのに、この虚しさは何かしら? 王子のことは愛しているけれど、彼の…

大人のためのエロティック童話シリーズ IV

太陽の東、月の西
ナンシー・マドア
太陽の東、月の西
白い毛皮の獣は言った。「おまえの娘を所望する。代わりに大金持ちにしてやろう」男と妻は猛反対したが、娘は承諾した。貧しい両親と、幼い弟妹のため。獣の妻となった娘は、気がつくと、見たこともない見…

大人のためのエロティック童話シリーズ V

3匹のくま
ナンシー・マドア
3匹のくま
おとぎばなしは決して幼い子どもだけのものじゃない。大人の女性たちに送る、心と官能が満たされる物語。<br>部屋を暗くして、キャンドルを灯して、ようこそ恍惚の世界へ――。<br><br>★知りたがり屋の女の子…

大人のためのエロティック童話シリーズ Ⅵ

裸の王様
ナンシー・マドア
裸の王様
おとぎばなしは決して幼い子どもだけのものじゃない。おとなの女性たちに贈る、心と官能が満たされる物語。部屋を暗くして、キャンドルを灯して、ようこそ恍惚の世界へ――。<br><br>★愚か者には見えない衣装…

裸の王様 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

よくわからない:kaeru 2016/12/04

とにかくいろんなことが激しくて、わけがわからないまま終わってしまったという…

悪くない:kaeru 2016/12/04

少し物足りないけど、悪くないといった感じでした。上手く説明できないので「読…

絵、下手になりましたか?:kobutanaoko 2016/12/04

前作から比べると、作画様の絵が、大変、下手になったように思われ、残念です。 …

う~ん…:ワニャンニュ 2016/12/04

ヒロインの、自分だけが悲しんでる自分だけが不幸って感じが好きになれなかった…

泣けました:あっちゃん 2016/12/03

辛い思いを抱えていても、 自分が誰かにとって意味のある存在であったことに気づ…

夫婦を超えてゆけっ:ぐらっせ 2016/12/03

ヒーローはハイスペックですが、熱血漢で脳筋な男です。坊ちゃんの冒頭の文を地…

話は普通:ワニャンニュ 2016/12/03

皆さん仰っているように、絵が合ってない、この一言に尽きます 読みたいのはオ…

恋愛だけの思いじゃなくてもっと・・・:ネコネコ 2016/12/03

この漫画家さんのヒロインのイメージって美人でプライドが高いイメージがあった…

怖い:momo 2016/12/03

他の方もおっしゃってますがハーレクインじゃないです。

ひどい話:しゅう 2016/12/03

ヒロインは、この男この家族を許せるのか? 理解できないわぁ・・・

このページの先頭へ