ホーム > 小説一覧 > 恋する街角

恋する街角

恋する街角

「指輪の跡が消えるまで」リズ・フィールディング/泉 智子 訳■秘書のジェイニーは、上司のマークから突然、結婚を申し込まれた。マークが妻を亡くし、幼い娘と暮らしているのは知っている。彼が欲しいのは娘の面倒を見てくれる人。決して愛する妻ではない。そう知りつつも、ジェイニーは彼を見捨てるわけにはいかなかった。■「いくつもの夜を星の下で」ニコラ・マーシュ/泉 智子 訳■インドのゴアに住むクウシ。彼女は海辺でハリソンと会い恋に落ちた。彼はオーストラリアから来た医師で、一緒に国に帰ろうと誘う。だがクウシには残しては行けない、年老いたおばがいた。■「マンハッタンのシンデレラ」トリッシュ・ワイリー/泉 智子 訳■パーティ会場にカップケーキを届けに行ったエリンは、まさか自分が急病のモデルの代役になるとは思いもしなかった。しかも百万ドルのダイヤを身につけ、億万長者にエスコートされて。■三つの街を舞台に、イマージュの代表作家が、すてきな恋人たちのめぐり合いを描きました。ニコラ・マーシュの作品は「愛を知らない大富豪」(I-2107)、トリッシュ・ワイリーの作品は「マンハッタンの恋模様」(I-2071)の関連作ともなっています。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

恋する街角 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

おかしい:きらっち 2017/10/17

登場人物みんなおかしい。ところで、レイチェルが登場する意味あります?

君がぼくの希望:れん 2017/10/17

いい台詞ですね。画も美しく好きな作家さんですが、インパクトに欠けた読後感に…

原作既読:れん 2017/10/17

ページの関係でカットされた箇所もあるかと思いますが、改変がかなりありました…

ヒロインが幼い感じ:れん 2017/10/17

とても弁護士で不動産会社の社長としては頼りない感じがしました。ヒーローはと…

人間だもの。:Shelly 2017/10/17

逆の結果を期待して行動して、結果傷つくってよくあるよね〜。合理性に欠けるけ…

好きになれないヒーローでした、:ハカチャン 2017/10/17

自分に資産が有ると相手を最初から疑うことは、ある意味、当然のことだと思いま…

まさにハーレクインの世界観!!:ハカチャン 2017/10/17

画は好きではありませんでしたが話は良かったです。幼馴染だった子供が弟の恋人…

さすがペニージョーダン:ハル 2017/10/17

あらすじを読んだだけで、ラストまで想像できてしまうようなストーリー。でも、…

皆さんがおっしゃるとおり:きらっち 2017/10/17

本当にあっけない。ヒロインの頑なさも好みではないし、ヒーローも髭面で登場す…

見目麗しく:クレヨン003 2017/10/17

翳がありセクシーな男の人は好きですよ…が、しかし加減てものがあるだろう。暗い…

このページの先頭へ