ホーム > 小説一覧 > 宿命の出会い

宿命の出会い

バイキングの花嫁たちシリーズ

宿命の出会い

ここはいったいどこ?ブリットは、見渡すかぎりの大地を前に目を覚ました。幼いころに離れ離れになった兄の、行方を突き止めようと、セスナ機で郊外へ飛んだのだ。でも飛行機が故障し、あとのことは何も覚えていないわ。ブリットは懸命に飛行機から這い出し、体を起こしたとたん、飛んできた矢に打たれて再び倒れた。目を開けたとき、そこに立っているのは夢にまで見た兄ではなく、思いもかけなかった別の男性だった。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

バイキングの花嫁たちシリーズ

仮面のプリンス
クリスティン・リマー
仮面のプリンス
小国のプリンセスである親友の結婚式に参列するため、ダルシーは異国の宮殿にやってきた。そこで顔に大きなやけどの跡があるプリンス・ヴァルブランドを紹介される。ハンサムな顔に残る、世にも醜い傷跡。…
白夜のプリンセス
クリスティン・リマー
白夜のプリンセス
エリがある日帰宅すると、バイキングが待ち伏せしていた。その全身黒ずくめのたくましい大男は、王の戦士ハウクと名乗り、国に戻れという父王の命令を伝えに来たと言う。エリは父の顔さえ覚えていない。両…
月下のあやまち
クリスティン・リマー
月下のあやまち
リヴは、妹の結婚式に参列するため、離れて暮らす父の王国を初めて訪れた。盛大に行われた結婚披露宴の夜が終わり、翌朝目覚めてみると、草の上で寝ているのに気づく。お酒も飲んでいたし、昨夜のことは何…

宿命の出会い のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

定番のベティの作品:れん 2018/04/27

ハーレクインに不慣れ感は拭えませんが、サラッと読めました。

ちょっと重い話だったけれど:れん 2018/04/26

イギリスの階級社会を思い出しました。イギリス人の中でさえの階級社会。外国人…

あの夜にさよならを:ゴンジュ 2018/04/26

この頃、起承転結のバランスを欠くものが多い中で、作家として文才があり、何よ…

モヤモヤ:れん 2018/04/26

物語は決して悪くないのだけれど終始モヤモヤしてしまいました。全体的にはっき…

炎を消さないで:ゴンジュ 2018/04/25

さすがダイアナ。最後の数行で、もっと盛り上がりました。 うまい。拍手。

面白かった:ゆりあ 2018/04/26

原作は未読ですがなかなか面白かったです。絵も丁寧でキレイです。夢分析が盛ん…

うーん:しゅう 2018/04/25

どのパックを買おうか悩んでいるのでしたら、これは後のほうでいいかんじです

仕組まれた破局:ゴンジュ 2018/04/25

これも、最後の押しが足りない。もう少しで傑作に慣れたのに。おしいなあ。

王族貴族のハーレクイン:れん 2018/04/26

この種のハーレが大好物なので楽しんで読めました。本当は放蕩でないヒーローの…

これは気持ち悪い:あんこ 2018/04/25

ニヤニヤ笑いながら目の前で何度も自慰されるようなもの。 研究どうのより、ヒロ…

このページの先頭へ