ホーム > 小説一覧 > 貴公子の想い人

貴公子の想い人

貴公子の想い人

世をすねた老貴婦人のお相手役として仕えて10年、ルースは荒野にひっそりと立つ古屋敷に暮らしている。ある日、ふだんは客などめったに訪れないその館に、季節外れの吹雪に見舞われた旅人が安全な宿を求めてやってきた。名門一族出身のその紳士、ヒューゴーの醸す優雅で男性的な魅力に、ルースはたちまち心を奪われ、生まれて初めて恋に落ちた。だが、そんな彼女の気持ちを知ってか知らずか、ヒューゴーの過去を知る老貴婦人から残酷な事実を知らされる――かつて彼は婚約者だった最愛の女性を亡くして以来、その人を想い続けて独身を貫くことを心に誓っているのだ、と。

4.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

貴公子の想い人 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

好きなんだけど 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

ロマンスよりも事件の方に重点を置き過ぎて華やかさに欠けたのが残念。最後の最後まで解決を伸ばしておきながら、唐突に終わってしまい読者が置いてけぼりなのが悲しい。 しかし、ヒロインとヒーローの性格の良さはアンアシュリーの作品の中でピカイチです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

隠れた名作:アメリア 2018/04/22

ジャマイカから来たヒーローは男らしくて優しくてほんとに憧れる。ヒロインは健…

巡り合わせ:A 2018/04/22

大団円という感じでハーレクインらしく 少しコメディ寄りなのも良かった 個人的…

好感度高いヒーローヒロイン:アメリア 2018/04/22

ヒロインは自然体で可愛らしい。脇役も魅力的たっぷりに描かれていて読んでいて…

とにかく読みにくい:ワニャンニュ 2018/04/22

絵はそんなに悪くないのに、読みにくさ(特に吹き出し)のせいで話が入ってこない……

同じようなおはなし:類 2018/04/22

この原作者は同じような話ばかり、もっと色々なおはなしの幅が出来ると良いのに…

無いわ:アキ 2018/04/22

で?だから何が言いたいの?って思って挫折してしまうくらい読みにくい。 TL書い…

えっ:ワニャンニュ 2018/04/22

途中まですごく良かったのにラストがあっという間でチョー残念でした ヒーロー…

いつもいつも:みーたん 2018/04/21

藍まりと先生の素晴らしい作品を読めることに感謝。温かさいっぱいのラストにと…

いい!:ウルスラ55 2018/04/22

私も大満足です。マリアとティファニーの後日談も知りたいから原作読もうかな。

今回はビスケット+アップルバター:ウルスラ55 2018/04/20

ダイアナパーマーも作家さんも実はあまり好きじゃないのだけどこの作品は面白か…

このページの先頭へ