ホーム > ロマンス ライブラリ HQ編集者セクション コミックセット

HQ編集者セクション コミックセット

新しい出会いの季節到来!オフィスラブ特集

別れの季節のあとに絶対訪れる出会いの季節…。4月は毎年新しい出会いがあったらいいなぁとワクワクどきどきしますよね!あなたのもとに、素敵な同僚が現れるかも!?


HQ編集者セレクションコミックセットを購入

セレクト作品一覧

裏切りの花束
藤田和子 / エマ・ダーシー
秘書ケイトリンはボスのデーヴィッドと、上司と部下であると同時に恋人同士だった。出会いは4か月前。やり手な上に魅力あふれる彼にケイトリンはまたたく間に夢中になった。しかし彼が彼女に求めていたのは、あと腐れのないひと時の甘い情事だけ。ふたりの間の距離は永遠に縮まることはないのだ。「彼にとって私は有能な秘書と欲望のはけ口でしかないの――?」このままではこの関係に未来はない。ケイトリンは一縷の望みを託してある賭けに出るが…!?
  • 裏切りの花束
  • この本を読む
オフィスラブのすすめ
鳴神ゆった / リアン・バンクス
ドアが開き新しいボスが現れた瞬間、その美貌と威圧感に、秘書のエマは思わず息を呑んだ! 彼の名はダミアン・メディチ。経営が傾く会社にメスを入れるため社員のリストラを断行するコンサルタントで、世間では悪魔と呼ばれている。エマはリストラ策に反対する元上司から、ダミアンの動向をスパイする役目を負わされていた。こんな人に会社をメチャクチャにはさせないわ! だがエマの決意はすぐに大きく揺らいだ。魅力的なダミアンがエマを誘惑してきたのだ。
  • オフィスラブのすすめ
  • この本を読む
ため息の十月
瑚白ゆう / キャサリン・ガーベラ
宝石会社の重役秘書のライラは、ずっとボスのニックに片思いしていた。ボスと部下との関係で何かが起こるはずもなかったのに、ある日突然のニックからの口づけでふたりの関係は変わっていった。最初のキスは唇をかすめただけだったのに、抱擁は深まって…。けれどオフィスで情熱に身をまかせたあとのニックは冷たかった。「関係はつづけたいが、結婚する気はない」と。幼い頃、父親に捨てられた過去をもつライラの心は、その冷淡な言葉にひき裂かれて…。
  • ため息の十月
  • この本を読む
フィアンセは御曹子? 【スピンオフ】ボスは最高!
津谷さとみ / ディアナ・タルコット
「お願いだ、僕の恋人のふりをしてくれないか?」イギリス貴族の御曹子にして社内中の女性を虜にするハンサムな部長、ブレットからの突然の申し出に、サニーは言葉を失った。望まぬ結婚から逃がれるため、彼は婚約者と暮らしていると嘘をついたらしい。そこへ両親が訪ねてくるというのだ。しばらくとは言え、彼のアパートメントで一緒に暮らすなんて…。けれど実は、しばらく自分の部屋に帰りたくない事情のあったサニーにとって、それは悪くない話のはずだったが?
  • フィアンセは御曹子?
  • この本を読む
誘惑された夜
渡辺直美 / ミランダ・リー
セクシーなドレスを身にまとい、バーに乗り込んだジェシー。彼女の任務は浮気調査のターゲットに近づき、下心を見せたら証拠を撮るというもの。やりたくないけど、どうしても臨時収入が必要だわ。標的の彼は写真よりも洗練されててあまりに魅力的だった。ダンスで体温が混ざりあい上昇。熱いささやきで誘われるが最後の理性が押しとどめ、その場から逃げだす。忘れるつもりだったが、本業の仕事の面接で現れたボスはなんとバーの彼! しかし、彼は別名を名乗り…!?
  • 誘惑された夜
  • この本を読む
冷たいボスの熱いキス
荻丸雅子 / バーバラ・ウォレス
製紙会社で秘書を務めるエリザベスの新しいボスは有名な企業買収家。しかし上司としての評判は最悪。昇級の直談判を試みたもののすげなく却下。毒づくエリザベスだったが、帰り道で事故にあい途方に暮れる彼を見かけ、思わず声をかけてしまう。以来ふたりの距離は一気に縮まった。エリザベスがシングルマザーと知った彼は、彼女のために手を尽くし、部下たちの信頼を獲得していく。しかしエリザベスは知らなかった。その裏で会社の売却計画が進められていることを…。
  • 冷たいボスの熱いキス
  • この本を読む
愛を信じるその日まで
松本夏実 / ヘレン・ブルックス
噂には聞いていたけど、まさかこんなにハンサムだなんて! イギリス有数の不動産会社の面接で、トーニは経営者のスティールが現れるなり息をのんだ。でも見とれている場合ではないわ。ある事情から多額の借金を抱える彼女は、どうしてもこのボスの下で働く必要があるのだ。けれど彼の質問は私生活に踏み入ったものばかり。まるで尋問のようで耐えきれず、トーニは取り乱してしまう。もう終わりだわ。あきらめかけた矢先、彼は驚くべき言葉を口にした…。
  • 愛を信じるその日まで
  • この本を読む
午後五時が待ち遠しい
高城可奈 / キャシー・ウィリアムズ
優秀にして切れ者のヴィクターの秘書はこれまた優秀なアリス。厳しいボスの要求に、クールに対処する彼女には弱味なんて何ひとつないように見えた。だが実は彼女は必死で仕事をこなしていた。そして彼が次に買収しようとした古い屋敷は、なんと過去に彼女が手痛い失恋をした舞台だったのだ! 彼女を振った男が、屋敷の主としてまだそこにいる…そんな事はまるで知らない彼は、彼女とともに屋敷に向かう。少しずつ、そして確実に心が騒がしく…!?
  • 午後五時が待ち遠しい
  • この本を読む
ミラノの悪夢
井出智香恵 / マギー・コックス
派遣会社の紹介で、著名な建築デザイナーのもとで秘書として働くことになったケイト。けれど初出勤の日、ボスであるジャンルカをひと目見て彼女は言葉を失った。数か月前にミラノで奔放な一夜をともにしたルカ! ミステリアスな彼の瞳に導かれるまま時を過ごしたケイトは、朝になって自分のしたことに愕然とし、別れも告げずに逃げ出したのだった。今、目の前にいるルカは怒りを滾らせケイトに冷たく言い放った。「突然僕の前から姿を消したつぐないをしてもらおう」
  • ミラノの悪夢
  • この本を読む
悩める愛人 【スピンオフ】疑惑のジュエリー
小倉つくし / テッサ・ラドリー
大手宝石店に勤めるジェシカは、ボスのライアンとつきあっている。彼はリッチでハンサムでやさしい、まさに理想的な男性。でもひとつだけ、ジェシカの胸を痛めることがあった。それはライアンが定めた愛人のルール。ふたりの仲は内密に。子供は絶対につくらないし、もちろん結婚もしない。ジェシカはそれでも愛する人のそばにいたいと、そのルールを守り続けてきた。けれども交際も2年が過ぎた頃、ジェシカはルールのひとつを破ってしまって…。
  • 悩める愛人
  • この本を読む
一夜の後悔
ゆうみ・えこ / キャシー・ウィリアムズ
お嬢様育ちのフランセスカは初めて秘書として仕事を始めた。ボスのオリバーは世間知らずの彼女に冷たくあたるが、とても魅力的なボスに、フランセスカは惹かれていった。ある夜、息がかかるほど顔を寄せオリバーがささやく。「僕に抱かれたいんだろう?」体から力が抜け、彼女はたくましい胸にすべてをゆだねた。ところが満ち足りた行為のあと、オリバーの態度は豹変した。彼女を愛するつもりなどないと言う。フランセスカはわけもわからず絶望の淵へ突き落とされた!
  • 一夜の後悔
  • この本を読む
ベネチアの光のなかで
浅見侑 / アン・ウィール
個人秘書として働くことになったソフィーは、仕事場のベネチアへ向かう機内で初めて雇い主マークに出会った。この人がボス? なんてハンサムなの…? だが端正な顔立ちとは裏腹に、居丈高な態度の彼に不安を覚えるソフィー。それでも、思い出の地ベネチアでの仕事の魅力に抗えなかった。けれどマークと過ごすうちに、傲慢なばかりだと思っていた彼が時折見せる笑顔に思わず目を奪われる。さらに、どこか懐かしい気持ちにさせる彼の瞳に胸がざわついて…!?
  • ベネチアの光のなかで
  • この本を読む
禁断のキスの味 【スピンオフ】テキサス・キャトルマンズ・クラブ
立木美和 / ブレンダ・ジャクソン
「きみが必要なんだ」片思い中のボスからの思いもかけぬ告白。しかしアリーの期待はもろくも崩れさった。姪をひき取ったばかりのマークは有能な子守りを捜しているのだ。そこで白羽の矢が立ったのが秘書のアリーというわけだった。しかし突然の同居にアリーの心は浮き立つばかり。そんなある夜、マークから情熱的なキスをされた彼女は夢見心地になったのもつかの間、否定の言葉で冷水を浴びせられる。冷静になろうと己を律するアリーだが、それは彼も同じで……?
  • 禁断のキスの味
  • この本を読む
ボスと秘書の誘惑ゲーム
幸田育子 / キャシー・ウィリアムズ
ベスは双子の妹の頼みに愕然とした。妹は実業家マーコスの秘書をしているが、社員と不倫のあげく妊娠したうえ、出産が終わるまで自分の身代わりになってほしいというのだ。聞けばマーコスは、社内恋愛すら許さないワンマンな社長のようだ。ベスは断りきれず、緊張しながら出勤した。そして初めてマーコスと対面して息をのんだ――女性を一瞬で虜にする、野性味あふれるセクシーな男性。奥手なベスは彼の誘惑に抗えず、秘密を抱えたまま恋に落ちてしまい…。
  • ボスと秘書の誘惑ゲーム
  • この本を読む
恋の鍵はボスの手に
花牟礼サキ / キャシー・ウィリアムズ
ある求人に応募したヴィッキーは、能力を買われて社長秘書に推薦された。だがボスのマックスをひと目見た瞬間、衝撃を受けた。マックスは、かつての恋人に瓜ふたつだったのだ! 途方もなく魅力的だけれど、それはうわべだけで、身勝手で暴力的だった恋人に。彼は少し前に事故で亡くなり地獄のような日々は終わりを告げたが、今、目の前にいるマックスはその双子の兄なのだ。ヴィッキーはすぐに仕事を断ったが、なぜか押し切られて彼の下で働くことになり…。
  • 恋の鍵はボスの手に
  • この本を読む
いつか愛して
夏木未央 / キャスリン・ロス
ケイティはギリシア人のボス、アレクシとベッドをともにする仲だった。けれど妊娠の疑いがもち上がったことをきっかけに、愛なき関係に絶望した彼女は会社を辞めて彼と別れる決意をする。幸い、退職後すぐに新しい職が見つかり、ケイティは人生の再スタートを切った。ところが初出勤の日、CEOと対面した彼女は絶句した。なぜ彼がここに!? その会社は秘密裏にアレクシに買収されていたのだ。彼は傲慢にも、いつでも彼女を意のままにできると思っていて…。
  • いつか愛して
  • この本を読む
指輪の跡が消えるまで
しのざき薫 / リズ・フィールディング
突然のボスからのプロポーズに、秘書のジェーンは息を飲んだ。「娘の母親になってくれないか」彼が妻を亡くし幼い娘を愛情豊かに面倒をみてくれる女性を探しているのは知っている。そしてジェーンはそんな彼にひそかに恋をしていた。彼から決して愛されているわけじゃない。欲しいのは母親役。たとえ愛がなくても結婚してずっと彼のそばにいられるなら…それだけで十分。しかし次第に愛されないまま夫婦を偽り続けることにジェーンの苦しみは深まっていき…。
  • 指輪の跡が消えるまで
  • この本を読む
うしろ姿の花嫁
千家ゆう / テレサ・サウスウィック
イベントプランナーのジェニーヴァは、開発業者マイケルと情熱の一夜を過ごし、妊娠した。結婚を決めた矢先、彼女は流産してしまう。子供がいない今、愛されてもいないのに結婚していいの? ジェニーヴァは式場から姿を消した。それから1年、気持ちの整理もつきかけた頃、マイケルが新しいボスとして目の前に現れた。彼は過去の醜聞すらビジネスに利用しようとする。冷酷な計算のできる彼に、まだ惹かれている自分に気づかされ、ジェニーヴァは激しく動揺するが…?
  • うしろ姿の花嫁
  • この本を読む
はかない初恋
牧村ジュン / ダイアナ・パーマー
「秘書としては有能だが女としての価値はない」――ずっと憧れていたボスのカリーに、女性として全否定されたエリナーは絶望した。彼のために一生懸命、仕事をしてきたのに。そんな時、友人ジムから転職の誘いを受け、エリナーは恋をあきらめて彼のもとを去る決心をする。ところが辞職すると告げたとたん、彼はひどい侮辱の言葉を浴びせかけてきた。エリナーが反発すると、驚いたことにいきなり彼に押さえつけられ、唇を激しく深いキスで封じられてしまった!
  • はかない初恋
  • この本を読む
とっておきのキス
葛城しずく / ベティ・ニールズ
その人が部屋に入ってきたとき、女性なら誰もが夢みるような男性だとジュリーは思った。シモン・ファン・デル・ドリースマ教授。長身で金髪にブルーの瞳、世界的権威のあるその医師がジュリーの新しいボス。ところがシモンは美しく有能な彼女に「自分が選ぶとしたら、君みたいな秘書は雇わない」と不躾に言い放った。なんて失礼な人なの! 釈然としないジュリーをよそに、シモンは出張への同行を命じる。ぎくしゃくしたふたりの関係は、この旅で意外な展開に…!?
  • とっておきのキス
  • この本を読む
三カ月だけの結婚
池沢理美 / ジェニー・ルーカス
ニューヨークで秘書をしているコーリーはボスであるCEOエドゥアルドに3年間、届かぬ片思いをしていた。有能で圧倒的な魅力をもつ彼だが、仕事人間のプレイボーイ。イヴの夜、彼と一夜をともにするが翌朝、なぜか嘘つき女と罵られてベッドから追い出される。妊娠が発覚して困った彼女に幼なじみがプロポーズしてくれて今日はその結婚式。中古のドレスを着て婚約者を待つコーリーをエドゥアルドは無理やりつれ去り宣言した。「君は僕と結婚するんだ。3か月だけ」
  • 三カ月だけの結婚
  • この本を読む
恋人と愛人のあいだ
岡田純子 / シャロン・ケンドリック
秘書のイゾベルは、ボスのタリクが事故に遭ったと知らせを受け病院に駆けつけた。そこで医者から彼の1週間の安静を言い渡される。ところが仕事人間の彼は一時もじっとしていられないタイプ。しかも表面上は極めて元気。仕方なく彼女は自分の家につれて行って、面倒をみることにした。だけど、問題が…。彼は仕事だけでなく、とても女好きだということ。そして、イゾベルは上司のタリクを秘かに愛していたのだった。こんな状態で、1週間もふたりきりで過ごせるの!?
  • 恋人と愛人のあいだ
  • この本を読む
結婚の名のもとに
折原みと / ルーシー・ゴードン
秘書ブリオニーは、仕事マシーンと名高い社長カーライルの下で働くことになる。至急の仕事をあげた彼女がひと息ついてると、「パパ!」オフィスに、彼がひとりで育てている娘エマが現れる。傲慢なボスの別人のような笑顔に驚くブリオニー。父娘と一緒に遊園地に行くことになるが突然、エマが苦しそうに倒れる。なんと彼女は心臓の病気で余命数か月だというのだ。そして、エマの最後の夢として彼に頼まれたのは――「僕と結婚して、娘の母親になってくれないか?」
  • 結婚の名のもとに
  • この本を読む
響けウエディングベル
斗田めぐみ / シャロン・ケンドリック
秘書のアンバーは、あこがれの上司フィンと婚約した。ところが、このうえなく幸せだった彼女の心に小さな不安が積み重なっていく。彼は婚約以来、仕事が忙しいと言って、彼女とほとんど会話もしようとしないのだ。フィンは、モデル・エージェンシーを経営する有能な経営者だ。素敵な彼はいつもモデルたちから熱い視線を送られていた。もしかして、彼の心はもう私に向けられていないのでは…? そんなとき、若いモデルが彼に抱きついているのを見てしまって――!?
  • 響けウエディングベル
  • この本を読む
愛と言わずに
くればやし月子 / キャスリン・ロス
秘書クロエの上司スティーブンは、有能でハンサムなビジネスマン。妻亡きあと、幼い娘をひとりで育てるシングルファザーでもある。ある日、ナニーが急用だという彼のために、クロエは子守り役をひき受けることに。最近まで婚約者のいたクロエは、彼を異性として意識したことはなかった。でも、初めて訪れたプライベート空間に心は揺さぶられ…。その時クロエは思いもしなかった。まさかその夜、吹雪で帰れなくなり、彼にとびきり情熱的なキスをされてしまうとは――!
  • 愛と言わずに
  • この本を読む

HQ編集者セレクションコミックセットを購入

編集者セレクションアーカイブ一覧

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

このページの先頭へ