ホーム > ロマンス ライブラリ HQ編集者セクション コミックセット

HQ編集者セクション コミックセット

スペシャルな関係…スピンオフ特集

恋も大事だけど…友達、家族、愛するすべての人がいとしい。
ヒロインやヒーローの大好きな人が活躍するスピンオフ作品をご紹介します。

HQ編集者セレクションコミックセットを購入

セレクト作品一覧

社交界の評判 【スピンオフ】スティープウッド・スキャンダル
原ちえこ / シルヴィア・アンドルー
スキャンダルを起こして社交界を去ったへスターは、家族の説得に負け再びロンドンの夜会に出席することになる。欲しくもない夫を探すために・・・!そこで待ったいたのは、当時、憧れていたのに手痛く傷つけられた、ダンガラン卿との再会だった。しかも不思議な結びつきで、二人は急接近することになり・・・。
  • 社交界の評判
  • この本を読む
うるわしき縁組 【スピンオフ】スティープウッド・スキャンダル
原ちえこ / シルヴィア・アンドルー
上流階級の娘・デボラは幼い頃から沈着冷静で完璧主義者のヒューゴに憧れていた。だが、じゃじゃ馬娘の彼女は彼を騒動に巻き込んでばかり。一方ヒューゴは今年こそ身を固めると両親に約束した矢先だった。そんな二人がスティープウッドで再会。ヒューゴが欲するのは、従順でやさしい女性。なのに、デボラのことが気になって・・・!
  • うるわしき縁組
  • この本を読む
華麗なる企て 【スピンオフ】スティープウッド・スキャンダル
中村地里 / アン・アシュリー
頭のからっぽな貴族と結婚するくらいなら身分は低くても尊敬できる人と結ばれたいわ。伯爵令嬢ソフィアは両親の反対をよそに運命の恋に憧れていた。そんなある日、新入りの馬丁ベンに危機を救われ、その思いやりと歯に衣着せぬ物言いに惹かれていく。一方、ベンは彼女との距離が近づくにつれ危機感をつのらせていた。実は彼の正体は貴族――シャーンブルック公爵なのだ。彼女にひと目惚れしたものの貴族嫌いという噂を聞き、一計を案じて伯爵家に潜りこんだのだが…。
  • 華麗なる企て
  • この本を読む
レディに御用心 【スピンオフ】スティープウッド・スキャンダル
星野正美 / アン・アシュリー
最初で最後の舞踏会に出席するため社交シーズンのロンドンを訪れた貧乏貴族の娘ロビーナ。慣れない社交界に戸惑う彼女を初めてのダンスに誘ったのは、魅力的な男爵ダニエル・エクスマウス卿だった。甘い音楽とともに夢のような数分間が終わり、ロビーナはエクスマウス卿からひと夏をともに過ごそうと彼の領地に招待される。これは結婚前提のお誘いだわ! けれどロビーナには手放しで喜べないわけが。男爵は亡き妻を今でも変わらず想い続けているという噂なのだ…。
  • レディに御用心
  • この本を読む
キスは隠れて 【スピンオフ】グレンモアに吹く風
篠崎佳久子 / サラ・モーガン
夫に裏切られ傷ついたジェンナは、ロンドンを逃げ出してグレンモア島へ行きついた。小さな島での刺激のない毎日に、生意気盛りの娘レキシーは不満げだったが、穏やかで健康的な日々はジェンナと娘に明るさを取り戻してくれた。なのに、気持ちが少しも落ち着いてくれない。原因は明らかだった。島の医師ライアンのせい。彼は医師としても有能だけれど、それ以上に男性として魅力的すぎるのだ。でもこの思いを素直に育てるには、ジェンナの心の傷は深すぎて…。
  • キスは隠れて
  • この本を読む
ひと夏の恋ならば 【スピンオフ】グレンモアに吹く風
桜はるひ / サラ・モーガン
孤島で診療所を営む兄を支える看護師のカイラは、埠頭である人物を待っていた。人手不足を補う代診医として、ロンドンの大病院からエリート医師イーサンがやって来るのだ。わざわざ不便な小さい島に赴任するなんて、きっと変わり者に違いないわ。カイラのその予想は大きく外れ、現れたイーサンはとてもハンサムでたくましい体をもつ、目がくらむばかりの素敵な男性だった。ただイーサンはどこか謎めいている。彼のように優秀な医師がこの島に来たのはなぜかしら。
  • ひと夏の恋ならば
  • この本を読む
恋人たちが帰る場所 【スピンオフ】グレンモアに吹く風
友井美穂 / サラ・モーガン
人手不足で大忙しの診療所の助っ人医師が、島1番のプレイボーイだったあの不良のコナーですって!? ――診療所で看護師として働くフローラは突然の再会に驚きを隠せなかった。しかも彼は、フローラが人見知りで目立たない優等生だった高校時代、ひそかに恋焦がれていた相手なのだ。昔以上にセクシーな魅力を備え、医師としても優秀で尊敬できるコナーへの想いが再び募る彼女。でもどうしよう、彼がこの診療所にいるのはほんの少し、夏の間だけなのに!!
  • 恋人たちが帰る場所
  • この本を読む
燃ゆる月夜 【スピンオフ】ダンテ一族の伝説
御園えりい / デイ・ラクレア
仕事でパーティー会場にいたフランチェスカは、外の空気を吸いにバルコニーへ出た。そこには彫刻のように美しい男性がひとり、月明かりの下に佇んでいた。セベロと名乗る彼から握手を求められ、胸躍らせつつ大きな手を握る。とたんに熱い衝撃が全身を駆け抜けて、フランチェスカは思わず手を離した。いったい何? セベロにじっと見つめられて、体が熱く反応する。まわりの空気が色めく。セベロが挑発的に言った。「ひと晩かけて、ふたりの欲望の炎を追い出さないか」
  • 燃ゆる月夜
  • この本を読む
ひとたび触れあえば 【スピンオフ】ダンテ一族の伝説
御園えりい / デイ・ラクレア
ケイトリンは約束の時間よりも早く現れた恋人ラザロを見て、全身が燃えるように熱くなった。これだわ。私が待ちわびていた感覚は。ラザロと出会ったのは6週間前。手が触れた瞬間に電流が走って、ケイトリンは運命を感じた。でもつきあってからはあの衝撃が一度も起きなくて、不安に思っていたのよ。ラザロの情熱的なキスに身を預けたケイトリンは、少しも気づかなかった。目の前にいる男性がラザロの双子の兄マルコで、彼こそが自分の運命の恋人だということに…!
  • ひとたび触れあえば
  • この本を読む
悪女に甘い口づけを 【スピンオフ】ダンテ一族の伝説
御園えりい / デイ・ラクレア
カイリーが事故による昏睡から目覚めたとき、初めて目にしたのはこの世のものとは思えないほど美しい男性だった。ニコロという名のその人は、驚くべきことにカイリーの夫だと言う。私が記憶喪失ですって!? そう言えば彼のこと以外にも、自分の過去や家族のことなど何ひとつ思い出せないわ…。やがてニコロが世界的な大富豪だと知り、彼女はますます状況を疑い始めた。セレブ感のまるでない私がどうして彼と知りあったの…?  やがて衝撃の真実が明らかに――!!
  • 悪女に甘い口づけを
  • この本を読む
ドラゴンの花嫁 【スピンオフ】ダンテ一族の伝説
アリスン / デイ・ラクレア
シェイラは一族の敵ダンテ家主催のパーティーに潜り込んだ。復讐の機会を探るのが目的だったが、そこで凄絶な美貌の男性と出会った。ドラコと名乗る彼に激しくアプローチされ、シェイラはベッドをともにしてしまう。ずっとバージンを捨てたいと思っていた。こんな素敵な男性によって願いが叶えられるなんて。でも今は恋に溺れている場合じゃないのよ――シェイラはまだ気づいていなかった。ドラコこそが、彼女を天国へも地獄へも導いていける宿命の相手だったのだ。
  • ドラゴンの花嫁
  • この本を読む
砂の炎 【スピンオフ】バクリ国
星合操 / ケイトリン・クルーズ
政略結婚の婚約式の翌日、アマヤは黙って姿を消した。母からの電話で、婚約者であるシーク・カヴィアンはハーレムを持ち、女性を囲っていることを知ってしまったのだ。そんな人と結婚したら、私も母のようになってしまう。異国の愛の形を受け入れられず、豪奢な生活を捨て、ひとりで私を育てた母のように…。半年後、居場所を突きとめられ連れ戻されたアマヤは、待ち受けていたカヴィアンにこう言いはなたれた。「ハーレムに行こう。きみが一番関心のある場所だろう?」
  • 砂の炎
  • この本を読む
砂の檻 【スピンオフ】バクリ国
星合操 / ケイトリン・クルーズ
スターリングの前に突然現れたのは、砂漠の国バクリの王リハド。「きみのお腹の子は王国唯一の王位継承者だ」彼はそう告げると、強引に彼女を砂漠の国へつれ去った。さらにリハドは、お腹の子が正式な王族と認められるよう、彼との愛なき結婚を強要。ふたりは砂漠の離宮で蜜月を過ごすことに…。確かに父親は王の弟オマールよ。でも彼が亡くなったいま、王位なんて関係ない。この子は私が育てるの! だが、スターリングには誰にも知られてはいけない秘密があり…。
  • 砂の檻
  • この本を読む
熱いレッスン
花李くる実 / ダイアナ・パーマー
小説家志望のマリアンは、油田王ウォードの家政婦である叔母に頼まれて、彼の回想録執筆を手伝うためにテキサスを訪れた。ウォードは病のせいで死期が近いという。マリアンは精一杯、彼の力になろうと決意していた。ところが目の前に現れたウォードはきわめて魅力的でとても病人には見えない。すべてはマリアンとウォードを結びつけようとした叔母の嘘だったのだ。そう気づいたときには手遅れだった。マリアンはすでにウォードの危険な誘惑の罠に落ちていたのだ!
  • 熱いレッスン
  • この本を読む
なにも言わないで テキサスの恋
藤臣美弥子 / ダイアナ・パーマー
事故で足が不自由になり、モデルを引退したエリン。みじめな日々を過ごしていたある日、友人ブルースの訃報が届く。しかも、全財産をエリンに遺すというのだ。その条件は彼の故郷テキサスの牧場で、彼の兄タイスンと一緒に暮らすというもの。どういうこと!? かつてエリンは孤独な影をもつタイスンに惹かれ、結ばれた。しかし翌日、憎々しげに追い出されたのだ。今もまだ心に大きな傷が残っているのに…。これはブルースの復讐? それともタイスンのたくらみ?
  • なにも言わないで
  • この本を読む
内気なエンジェル
麻生歩 / ジェシカ・スティール
1年前、結婚式の翌日に夫を事故で亡くして以来、ジョージィは罪悪感に苛まれている。そして、横暴な父親の言うままに家政婦のような生活を送ってきた。そんな彼女のもとに亡夫の従兄ダクルが訪ねてくる。洗練されまるで騎士のような彼は、彼女が新しい一歩を踏み出せるようフランスの別荘に誘ってくれたのだ。やさしく慈愛に満ちた瞳に彼女の心は揺さぶられる。惹かれてはだめ。私には誰かを愛する資格なんてない。夫が命を落としたのは、私のせいなのだから…!
  • 内気なエンジェル
  • この本を読む
さよならは私から
麻生歩 / ジェシカ・スティール
ベルは、内気な双子の姉をいつも守ってきた。そんなある日、会社経営に行き詰まった父が、著名な金融業者レイサム・タヴェナーを家に招待した。やって来た彼は息が止まるほど美しかった。しかし彼は、姉にはとろけるような笑みを見せ、ベルには冷たい眼差しを向けたのだ。夕食も終わる頃、ベルは彼に反発して大胆な嘘をついてしまう。そのせいで、彼にふしだらな浮気女と決めつけられたとき、ベルの心はツキンと痛んだ。彼にどう思われようと関係ないはずなのに…。
  • さよならは私から
  • この本を読む
ドクターの週末 【スピンオフ】ヘイゼルの縁結び
星合操 / ミーガン・マキニー
看護師のレベッカは、最近ボスになったドクター・サヴィルが気に入らなかった。若くてハンサムな医者の彼は、まるでドラマのヒーローみたいな完璧な男性だったが、部下にだけは傲慢な態度で、レベッカは大嫌い!! と思っていた。そんなふたりが、偶然かまたは運命か車に乗りあうことになった。ロマンティックなムードで夜道を走る車のなか、いつもは傲慢な彼がなぜかやさしくステキに見えた。甘い声で呼ばれただけで心臓が止まりそう。いったい、どうしたらいいの?
  • ドクターの週末
  • この本を読む
億万長者の愛人 【スピンオフ】ヘイゼルの縁結び
水原冬樹 / ミーガン・マキニー
カースティンは母と妹の面倒をみるため、故郷の町に新しく豪邸を購入した億万長者セスの個人アシスタントとして働くことになる。いい仕事につけたと喜んだのも束の間、翌日、カースティンは別の悩みを抱えることになる…。町の視察に出かけたふたりだったが、足を踏みはずしたカースティンを抱きかかえて助けたセスが、ふいに熱いキスをかわしてきたのだ。彼は女性の噂が絶えないプレイボーイ。恋してはいけない。そう言いきかせ、必死に自分を抑えていたのだが…!?
  • 億万長者の愛人
  • この本を読む
偽装結婚のルール
しのざき薫 / キャット・キャントレル
「見つけたわ! 私の救世主…!」シアは決心した。女性問題でマスコミに追われる不動産王ルーカスに結婚を申し込むことを。パーティー会場で、シアは単刀直入に話を切り出した。彼女の目的は信託財産を自由にすること。彼も結婚で名誉挽回できる。ビジネスと割り切って半年だけ偽装結婚してほしいと。こうして新婚生活が始まるが、ふたりを疑う祖父が新居にメイドを送りこむ! 疑いの目をそらすため熱い新婚を演じるうちにふたりは演技を忘れ…。
  • 偽装結婚のルール
  • この本を読む
仮面の下の大富豪
岸田黎子 / キャット・キャントレル
世界的歌姫として名高いエバは声帯手術に失敗し、その美声も名声も失った。悲しみに沈むエバは訪れたベネチアの仮面舞踏会でひとりの男性と出逢う。マシュー…彼には、私と同じ傷と孤独を感じる。パーティー会場に自分を裏切った婚約者が現れて動揺したエバは、とっさにマシューと恋人のふりをして逃れる。熱いキスはあまりに完璧で、彼と過ごした一夜だけ何もかも忘れることができた。亡き妻を今も愛する彼とつかのまの恋。でもいつしか未来を望んでしまい…!?
  • 仮面の下の大富豪
  • この本を読む
純潔の囚われびと
山下友美 / ケイト・ヒューイット
カダールの新国王と結婚することになった島国サリアの女王エレナ。ところが、かの国を訪れたとたん謎の男カリルに囚われてしまう。しなやかな黒豹を思わせる彼は金色の瞳でエレナを見すえ、自分こそがカダールの真の王だと告げてきた。そしてエレナは砂漠の村へつれ去られてしまうが、カリルのやさしさに触れる。「目に見えるものが、すべてじゃない」そう語る彼の言葉に正義を感じ、エレナはカリルに心を開きはじめるが、王座を狙う彼にとって、私は捕虜でしかないわ。
  • 純潔の囚われびと
  • この本を読む
王と身代わりの花嫁
山下友美 / ケイト・ヒューイット
パリの屋敷で家政婦をしているオリビア。この屋敷は最低限しか使用人がおらず屋敷の主人はほぼ不在。一度も顔を合わせたことがない。だが仕事だけをして静かに生きていきたいオリビアにはちょうどよかった。しかし、急に屋敷の主人から話があると呼ばれ専用機でつれて来られたのはなんと砂漠の国。主人はアジズ国王だというの!?  今までの私の仕事ぶりを見た彼は私を信頼できると見込み、誘拐された婚約者の女王の身代わりとして婚約者を演じてとほしいと言われ…!!
  • 王と身代わりの花嫁
  • この本を読む
古城が呼ぶ愛
松尾しより / レベッカ・ウインターズ
ローラは一族が興したカリフォルニア屈指のホテルチェーンに勤めていた。一族の教えどおり恋もせず仕事に打ちこむ毎日。そんな彼女の前に、突然見る者を惹きつけてやまない美しい男性が現れた。しかし彼は、あろうことかローラに憎しみと蔑みのまなざしを向けてきた。ニコラ・ヴァルフォールと名乗る彼は、南フランスから20年前に決別した祖母の遺言を知らせに来たと言う。が、導かれるように南フランスへ向かったローラには、つらい運命が待ち受けていて…。
  • 古城が呼ぶ愛
  • この本を読む
大富豪と愛を語る花
松尾しより / レベッカ・ウインターズ
亡き祖父が経営していた香水会社を立て直すため、南フランス最大手の銀行を訪れたジャスミンは、目の前に現れた男性に愕然とした。まるで中世の騎士のように美しい容姿をもちあわせた彼は以前、旅先で最悪な出会いをした威圧的な男性リュシアンだ。あの傲慢な男性に多額の融資を頼まなければならないなんて…!? リュシアンの冷たい目は、ジャスミンを見据え「うしろ盾にはなれない」と告げた。ここでひき下がるわけにはいかないけれど、いったいどうしたらいいの…!?
  • 大富豪と愛を語る花
  • この本を読む

HQ編集者セレクションコミックセットを購入

編集者セレクションアーカイブ一覧

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

このページの先頭へ