ホーム > コミック一覧 > アレジオ公国の花嫁

Romance ロマンス

アレジオ公国の花嫁

愛に惑う二人シリーズ

アレジオ公国の花嫁

  • バージンラブセレクション コミックセット配信中
  • エクストラ プレミアム6000 コミックセット配信中

「私は最高の建築士の話を聞きたい。金髪美人など不要だ!」それは、最悪の出会いだった。大事な商談だというのに、取引き相手であるアレジオ公国の王族サウル・バレンティは、女だからという理由でジゼルを一方的に罵倒したのだ! そのくせ彼は、ジゼルが冷静にビジネスの手腕を示すと、挑発するかのように唇を重ねてきた。これまで仕事相手とキスしたことなどない。ジゼルはなんとか彼をやり過ごそうとするが、彼の発する男性的なオーラはあまりにも強烈で…。

2.5 評価集計 89件の評価
評価する
評価5
8
 

評価4
16
 

評価3
39
 

評価2
12
 

評価1
14
 

閉じる


  • 月額コース配信終了日:

  • 2019年5月31日(バージンラブセレクション コミックセット)
  • 2019年5月31日(エクストラ プレミアム6000 コミックセット)
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

愛に惑う二人シリーズ

アレジオ公国の花嫁
星合操 / ペニー・ジョーダン
アレジオ公国の花嫁
「私は最高の建築士の話を聞きたい。金髪美人など不要だ!」それは、最悪の出会いだった。大事な商談だというのに、取引き相手であるアレジオ公国の王族サウル・バレンティは、女だからという理由でジゼル…
アレジオ公国の花嫁
星合操 / ペニー・ジョーダン
アレジオ公国の花嫁
「私は最高の建築士の話を聞きたい。金髪美人など不要だ!」それは、最悪の出会いだった。大事な商談だというのに、取引き相手であるアレジオ公国の王族サウル・バレンティは、女だからという理由でジゼル…

アレジオ公国の花嫁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

背景が… 評価2 2
ロマンス ライブラリで購入済み

背景に物足りなさを感じました。ここがどこなのか、どういう場所なのか、特に後半もう少し描いていただけたら…と思いました。人物はどちらかというと好みなんですけどね。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】取り敢えず鉄槌を 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
評価はまだ先 評価4 4

原作のあらすじによると「ペニー・ジョーダンの最新二部作は…(中略)…主人公が共通の連作」とのことなので、まだこの二人には先のお話があるのだと思います。そうでなければ重いテーマが中途半端ですもの。次回に期待大!

参考になりましたか?はい いいえ
ペニー・ジョーダンの原作だとは!! 評価3 3

流石!! 星合先生は画が綺麗ですね!! ヒロインもヒーローも、先ずビジュアル的に素敵でした。 一見、氷のようなヒロインとヒーローですが、二人は同じ心の傷を抱えており、それ故、互いが心を打ち解けることが出来ませんが、心に傷をさらしたことで、ようやく・・・でした。 いとこであり、影が薄かった公国の王の言葉で自身の気持ちに気付いたり、何だか最後は駆け足のような気がしないでもありませんでしたが、終始、丁寧に描かれたいたと感じました。

参考になりましたか?はい いいえ
え? 評価3 3

何だか終わり方が簡単すぎのような? 中盤のワクワク感が残念です。(。・ˇ_ˇ・。)

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

欧米のクリスマス感はよくわからない:ウルスラ55 2019/05/24

クリスマスの喜び押し付け形のヒロイン…と思いきやわりと控えめ。でも結果的にグ…

くだらない:ウルスラ55 2019/05/24

私は発明家の人が好みだな。こういう「恋人を探すプログラム」って個人の嗜好に…

爽やかで、甘い:amom 2019/05/24

異なる作家による競作六部作の2作目。競作のシリーズ物って、違いが大きすぎて楽…

なんだか、タイトルからして好きじゃない:Natale 2019/05/23

なんていうのか、タイトルからして不愉快だなぁ、と感じます。

そうか:ウルスラ55 2019/05/23

これはチャッツフィールドシリーズの一つだったんですね。どうもみなみさんの前…

ヒーローの魅力がよく書かれている:amom 2019/05/22

ヒーローは、最初に筋違いな怒りを示す以外は、終始真っ当で、問題に立ち向かい…

言って貰うことに拘り過ぎ:amom 2019/05/22

まずまず面白いのに、終盤のプロポーズの場面で、ヒロインが、愛していると言っ…

漫画家さん色強し:ウルスラ55 2019/05/23

この原作者さんの書く話はかなりエロいはず。でもこっちの漫画は「ピュアロマン…

悪くはない:アキ 2019/05/23

HQの短いページ数で取り扱うテーマでは無いと思いました。特にヒロインが抱えて…

実在の人物がモデルです:レオナ 2019/05/22

このお話は、イギリスの第9代マールバラ公チャールズ・スペンサー=チャーチル(…

このページの先頭へ