ホーム > コミック一覧 > ボスに恋した秘書

Romance ロマンス

ボスに恋した秘書

ボスに恋した秘書

  • 設定舞台セレクション コミックセット配信中

ブリーは有名写真家ジャクソンのもと、住みこみの秘書として働いている。“仕事関係の人間とは恋人にならない”…そうハッキリと宣言する彼とは、あくまでも雇い主と秘書というクールな関係。だから、どんなに居心地がよくてもジャクソンのそばに居続けるためには、惹かれていることに気づかれてはダメ――ブリーはそうやって気持ちをひた隠しにしてきた。だがある日、ジャクソンの仕事関係の男性にディナーに誘われ帰ってきた夜、彼はいきなり熱いキスを浴びせて…!?

2.5 評価集計 36件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
4
 

評価3
10
 

評価2
10
 

評価1
9
 

閉じる


  • 月額コース配信終了日:

  • 2019年7月31日(設定舞台セレクション コミックセット)
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

ボスに恋した秘書 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】愛もさめる… 評価1 1

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
はぁ~ 評価1 1
ロマンス ライブラリで購入済み

頑張ってP33まで読みましたが限界!! 読む気がどんどん失せていく・・・なぜかしら?キャロル・モーマティー作なのに。 月額に紛れ込ませるのやめてよ!!と言いたくなるような作品です(最後まで読んではいませんが・・・)

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

難儀な男:sorat 2019/07/22

惚れたもん勝ち。こんな厄介な人を好きになるなんて悲しい。 ジェイクにしなさい…

さちみさんというだけで読んじゃう:ひらり 2019/07/22

ちょっと出てきた当て馬ジョシュがいい人で笑っちゃいました。 幸せになって欲し…

やっぱりアン・アシュリー:つる⭐️りん 2019/07/21

この作家さんは、物語の中にいくつもヤマが構成がされており、伏線と事件が絡み…

お顔が大きすぎる:ななな 2019/07/21

話の展開、まとめ方など今も流石だなと思うのですが…この作品に限らず最近、絵が…

残念なヒーロー:sorat 2019/07/20

王族ということだけで偉いと勘違いしているこの王子。結婚を申し込んであげてい…

あとがきが気になって:ペンペン 2019/07/20

自分なりに調べてみた、多分この作品の前にあたるのは「背徳の情熱」ってタイト…

軟弱な話:kazut 2019/07/21

最後までつまらなかった。結局、問題はなに?起承転結もあった? 無理やり、ヒロ…

クズ過ぎる…:苺ちゃん 2019/07/21

もう、読んでいて胸が痛い… ヒロインを侮辱しすぎ! 従姉妹も酷いし、もうそのま…

子ども向け:クリス 2019/07/22

絵が幼すぎる。 ハーレ向きではない。編集者は読者をバカにしている。

このページの先頭へ