Romance ロマンス

氷と炎

氷と炎

姉夫婦の乗る飛行機が墜落――そのニュースにモーガンは茫然とした。悲しみに暮れる間もなく、彼女は思わぬ人物の訪問を受ける。アレックス・ハモンド。姉の夫の兄で、一族の企業を経営する男性。姉の結婚式で会っただけなのに、強く印象に残っている。彼は、モーガンが尋ねた姉夫婦の安否を否定するも、生まれたばかりの甥は生きていると告げた。そしてモーガンとアレックスは甥の後見人に定められたという。そのうえ彼と結婚しなければならなくなってしまい…?

3.5 評価集計 39件の評価
評価する
評価5
6
 

評価4
13
 

評価3
15
 

評価2
3
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

氷と炎 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】やっつけ仕事?? 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
このヒロイン、出来すぎててちょい人間味にかけるね 評価3 3
ロマンス ライブラリで購入済み

よくあるハーレにある自己憐憫型自己完結ヒロインとは違って、全くヒーローに頼ることもなく問題を次々と解決していくヒロイン。姉に意地悪言われても、母に貶されても自分から乗り込んでいく豪胆さ。ただそのせいでヒーローの影の薄さが限界突破してる。ヒロインが出来すぎてるせいか、話の面白みも少し薄い気がする。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

妻という名の契約:あかい 2019/03/21

とても、一言では言い表す事ができないとことん不器用で、すこぶる優しい途轍も…

面白い:さぶちゃん 2019/03/20

表紙のタイトル…もしかしてハーレーじゃない?と原作者名を探しました。変に凝っ…

よい・・・:ayaka 2019/03/20

小気味の良い最後でした。いつもと違いはっきりした性格のヒロインも良かったな…

すーっと読み終わりました。:ソイソース 2019/03/20

この作者さんの絵は好きですが、今回の作品については…読み終わっても感動が残ら…

御曹子の恋:あかい 2019/03/20

終始余裕綽々傲慢さが鼻につくヒーローでした。自分程、辛い思いをした者はいな…

本当にそれでいいの???:ソイソース 2019/03/20

ひどい話過ぎてビックリしました。ヒロインの無責任な振る舞いに苛立ち…ヒーロー…

気になる事があるけど:ソイソース 2019/03/20

ヒロイン、ヒーローのそれぞれの葛藤しながらの成長が上手く描かれていて面白か…

邦題がヒドイ、良い意味で:muguet 2019/03/20

今時ないタイトルのセンスで笑っちゃいますが印象には残りますよね。 描かれてい…

名作:れん 2019/03/20

ヒーローが男気があってとても魅力的でした。苦労したヒロイン母からヒロインへ…

良いです!:sakura 2019/03/20

仕事バリバリの2人に、家族愛、親子の愛にキュンとしました。 一時期よりも絵が…

このページの先頭へ