ホーム > コミック一覧 > 【日刊】ハーレクインカフェ vol.217

【日刊】ハーレクインカフェ vol.217

【日刊】ハーレクインカフェ vol.217

【日刊】ハーレクインカフェは、ハーレクインコミックスの予告編を毎日配信する無料マガジンです!あなたが気になっていた作品、欲しかった作品の予告編が閲覧できるかもしれません!本日は、橋本多佳子先生の「愛は苦難の始まり」の予告編を配信します!

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 33ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

パーフェクト・ファミリーシリーズ

【シリーズパック】パーフェクト・ファミリー セット
橋本多佳子 / ペニー・ジョーダン
【シリーズパック】パーフェクト・ファミリー セット
人間の愛と憎しみをあますことなく描くペニー・ジョーダンの傑作〈パーフェクト・ファミリー〉。「愛は苦難の始まり」「愛は試練に満ちて」の2巻をまとめて収録。
愛は試練に満ちて
橋本多佳子 / ペニー・ジョーダン
愛は試練に満ちて
いつからこれほど心が離れてしまったのか…。妻オリビアから別居を言いわたされ、キャスパーはバイクでアメリカ横断の旅を始める。愛しあっていた頃の幸せな思い出と、彼女が抱える一族の確執を振り払うかの…
愛は苦難の始まり
橋本多佳子 / ペニー・ジョーダン
愛は苦難の始まり
クライトン家――代々弁護士を輩出するイギリスの名門一族。ジョナサンは華やかな双子の兄デイビッドの影のように生きてきた。しかし、ふたりの50歳の誕生パーティーでデイビッドが心臓発作で倒れ、そのうえ…

【日刊】ハーレクインカフェ vol.217 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

納得:アキ 2018/06/24

あまりの低評価ぶりに興味を持ったけども、納得。 顎も目も怖い。 ストーリーも…

三作とも良かったです:ペンペン 2018/06/24

たまたま、滅多にないけど、三作ともお試し部分しか読んで無かった作品でした。…

作者も言ってるけど:ウルスラ55 2018/06/24

あとがきで「突っ込みどころあり」と作者さんも仰ってますが、21歳のヒロインが…

とりあえず:海里 2018/06/24

背景をちゃんと描けよといいたい。 背景も描けないんならHQにくるな

少し修正して出版できなかったの?:なごみ 2018/06/24

小学生が読む雑誌のような、とレヴューにありましたが、今時小学生向けでもここ…

同僚:わや 2018/06/24

同僚視点で読むとほんとヒドいw 話はひどいけど、宗真先生の絵だけが最後まで読…

書いてた:あんこ 2018/06/24

絵も話も絶妙に気持ち悪い描写。「なにこの話きっしょ」って思って感想読みにき…

こっちの方が好き:匿名 2018/06/24

続編のイザベルを好きだという人が多いけど、私はこちらの方が好き。イザベルの…

このヒロインダメすぎる:ちぃ 2018/06/24

ホントダメ ヒロインとしての魅力もないし 薄っぺらく 底の浅い見てくれだけで…

泣かせるよね:ayaka 2018/06/24

何年も前に購入。シャロンサラ先生の本を何冊も読んだけど泣かせるというか泣け…

このページの先頭へ