ホーム > コミック一覧 > 【先行無料】花嫁までの距離

【先行無料】花嫁までの距離

【先行無料】花嫁までの距離

1938年――看護実習生ディーは美人な姉の恋人マークに会った瞬間息が止まりそうになった。こんなにもハンサムで、明るく大きな声で笑う人は初めてだ。姉とじゃれあいながらも、ディーを一人前のレディとして扱い、きちんと話をしてくれる彼をディーはすぐに好きになった。そして苦しかった。早く姉と結婚してくれれば、この想いも諦めがつくのに。だがディーはまだ知らなかった。姉のほんとうの心の内を。そして、マークの奔放な女性関係や、無鉄砲で命知らずな夢を。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 期間限定販売: 2019年3月2日 までとなります.
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

愛をたどる系譜シリーズ

白い冬の旋律
篠崎佳久子 / ルーシー・ゴードン
白い冬の旋律
弁護士のピッパは、街にクリスマスキャロルが流れはじめると、数年前のクリスマスのつらい失恋を忘れるために仕事にのめり込む。そんなある日、ピッパはロスコーという実業家と出会い、“君の美しさで弟を夢…
花嫁までの距離
篠崎佳久子 / ルーシー・ゴードン
花嫁までの距離
1938年――看護実習生ディーは美人な姉の恋人マークに会った瞬間息が止まりそうになった。こんなにもハンサムで、明るく大きな声で笑う人は初めてだ。姉とじゃれあいながらも、ディーを一人前のレディとして…

【先行無料】花嫁までの距離 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

素敵なヒロイン:amom  2019/02/19

ヒロインは、愛情深くて真っ直ぐ。そうあり続けるだけの賢さや穏やかな明るさが…

面白い:十兵衛 2019/02/19

評価が低めですが自分は楽しめました。JET先生の作画は好みではありません。キラ…

思った通りのストーリー:未来のインターン 2019/02/18

きっとそんな流れとわかっていても、ドキドキして読みました どうしてこんな低評…

りんぐれじゃないみたい!:アメリア 2019/02/18

読み進めていくうちにりんぐれだっけ?と何度も確認しなくてはならず困惑。いつ…

ありがとうございます。:ふてちゃ 2019/02/18

塩森恵子先生が、HQで描いて頂けるなんて!とても嬉しいです。次回も楽しみにし…

クリスマスにぴったりの話:ジョディ 2019/02/18

ヒーローが少し頑なに過去にこだわるにですがヒロインの寛容な心で癒されていく…

良かった!:まちゃのすけ 2019/02/18

ヒロイン息子が本当に良い子でした。 あんな最低男の遺伝子が入っているとは、と…

よかった:しゅう 2019/02/17

やはり、シリーズは同じ作画者さんがよいですね。 兄弟の話がつながりますからね…

原作既読:匿名 2019/02/18

原作のふたりの想いを端折りすぎて これは、、、ダメですね(−_−;)

かわいいー!圧倒的な幸福感:kobutanaoko 2019/02/17

ヒロインが、かわいくて、明るくて愛さずにいられない 話は分かりきっていました…

このページの先頭へ