ホーム > 小説一覧 > あなたへ続く空

あなたへ続く空

あなたへ続く空

祖父の余命が短いという知らせに、モリーは最後の日々をともに過ごすため、モンタナ州の牧場へ移り住んだ。そこで暮らすのは祖父ウォルトと、サム・ダコタという一人の流れ者――けっして過去を語ろうとしない、謎の男だった。衰弱していく自分に代わって牧場を切り盛りするサムに、祖父は全幅の信頼を置いているらしい。結婚に破れ、都会での暮らしに疲れ果てていたモリーは、美しい自然と家族の愛に癒されて生気を取り戻し、いつしかサムに心惹かれはじめる。だが折しもある勢力が、彼らの牧場を奪おうと動きだしていた……。

4.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

あなたへ続く空 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

波乱万丈…二組の愛 評価4 4

 モンタナの空の下で繰り広げられるヒーローとヒロインの愛の育み。ヒロインは八方ふさがりで余命いくばくもない祖父の荒れ果てた牧場に引っ越してきて、祖父の遺言でヒーローと結婚するわけですが、なかなかすんなりと気持ちが通じるわけではなくてお互いに傷ついたりして少しずつ惹かれあっていくのがいいです。ヒーローヒロインともに傷ついた過去があり、子供たちも含めて登場人物がそれぞれ困難な状況から少しずつ脱していくのがいいです。 単なる恋愛ものにとどまらず、そこに家族愛とサスペンスも加わっている壮大な話です。ヒーローとヒロイン以外の意外なカップルの純愛が涙ものでなんともいえずにいいです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

タイトル通り:しゅう 2018/06/22

主人公側から見れば愛でも、立場が変われば不誠実な人たちの物語です。  ひど…

うーん:わや 2018/06/22

重篤な子供が運ばれてきたら、看護師として目の前のことに集中してほしい。取り…

雰囲気はいいですが:ウルスラ55 2018/06/22

最後の方は「金で解決 ぶぁい Yai Yai」って感じっすね。

なんだろう:さんちょ 2018/06/22

評価が比較的良かったので読んで見たけど、かなり平坦過ぎなストーリー運びで小…

う~ん:chibifujisan 2018/06/22

好きな作家さんですが、このお話イライラします。

ハッピーエンドなのに:オリィ 2018/06/21

ハッピーな気分になれない( ´ー`)

絵は綺麗です:toritoriko 2018/06/22

傲慢で勝手なヒーローのどこがいいのか分からなかった。最初の怒りはともかく、…

画力が…!?:リリィ 2018/06/21

割と好きなお話でした。 上司が素敵なおじさまです。 あれじゃ、やきもち焼くよ…

なんだこれ:tama 2018/06/21

ヒーロー、ヒロイン共に魅力なし。。以上!

毎回思うのですが:すずどん 2018/06/21

この画力と構成力でプロを名乗れるんだと、ある意味感心してしまいます。他の方…

このページの先頭へ