ホーム > 小説一覧 > 千の愛に呼ばれて

千の愛に呼ばれて

王宮への招待シリーズ

千の愛に呼ばれて

プルーデンスは一躍、時の人になった。子守りとして面倒を見ている子供を身を挺して交通事故から救い、そのことが大々的に報道されたのだ。彼女としては当然のことをしたまでだったが、思いがけないところから仕事の話が舞いこんだ。アイリッシュ海に浮かぶモンヒレグラ島の王室だ。妻を亡くしたプリンス・ライアンの子供の世話をしてほしいという。ライアンからじきじきに説得され、プルーデンスは承諾した。彼は世界中の女性の憧れの的。実際、たまらなく魅力的な男性だ。身分違いだとわかっていても、彼女は惹かれずにはいられなかった。★かつて不幸な結婚生活を強いられていたライアンが、これまでに出会ったことのないタイプの女性プルーデンスに魅せられていきます。美しい島国を舞台にしたすてきなお話です。★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

王宮への招待シリーズ

千の愛に呼ばれて
カーラ・コールター
千の愛に呼ばれて
プルーデンスは一躍、時の人になった。子守りとして面倒を見ている子供を身を挺して交通事故から救い、そのことが大々的に報道されたのだ。彼女としては当然のことをしたまでだったが、思いがけないところ…
運命の訪れ
レベッカ・ウインターズ
運命の訪れ
妹が父親のわからない息子を出産後すぐに亡くなってから十二年。ダレルは妹の遺児フィリップを父親に会わせてやりたい一心でついにその男性を捜し当てた――ヴァレダー州国の国王アレックスを。アメリカの一…
貴族嫌いのレディ
フィオナ・ハーパー
貴族嫌いのレディ
ジョジーは格式のある旧家の生まれだが、家風になじめず、家族とは距離をおいて暮らしている。型にはめられたような生き方が大嫌いなのだ。ところが、マイペースな彼女の生活に変化が訪れた。彼女が勤める…

千の愛に呼ばれて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒロイン好きになれない:みーちゃん 2019/06/17

典型的自己中我儘お嬢様のヒロイン。 「男は全て私にひれ伏すべき」との認識も、…

きゃーしあわせ:ぴよさま 2019/06/16

何回もの再会?がときめきます。

すてきな作家さんです:とくとく 2019/06/16

ベティニールズの世界をコミカルにほのぼのと表現していて、とても気持ちよく読…

ジャ〇プ!?:あやの 2019/06/16

ホラー、デュエル、スタンド、ラーメンマン・・・スゴイ、作品を読み終わってレ…

どこが:Aio-K 2019/06/16

純愛なんだろう...。

う〜ん:Aio-K 2019/06/16

登場人物がたくさんいるし、何が何だか全然分からない...。

母親はほっとけばいいのに:あんこ 2019/06/17

同情はしますがモラハラ旦那から子供を守らず、差し出したも同然の母親なんて救…

あまり面白くありませんでした。:tuyuzora 2019/06/16

篠崎先生の作品は、大人っぽくって、色っぽくって、大好きなのですが、本作は盛…

絵が色々と:ななな 2019/06/16

オルガとネルの顔の描きわけがあまり出来てなくて今、どっちのセリフ???的な…

甘い眠りに落ちて:ゴンジュ 2019/06/16

この表紙。変えたほうが良い。読もうと言う意思がなくなる。今までで、最悪。 大…

このページの先頭へ