ホーム > 小説一覧 > 花嫁になる理由

花嫁になる理由

富豪一族の花婿シリーズ

花嫁になる理由

アンジェリカは早くに両親を亡くし、懸命に弟を育ててきた。その唯一の家族まで失った彼女に泣く肩を貸したのは、弟の会社の重役、ライリー・フォーチュンだった。ある夜、彼女は慰められるままに彼とベッドをともにしてしまう。翌朝目覚めると、ライリーは跡形もなく消え去っていた――彼女のおなかに命を残して。ところが三カ月後、それまで連絡一つよこさなかった彼が、アンジェリカの仕事場へ突然やってきて、驚くべき申し出をした。「僕たちは結婚しなければならない。できるだけ早く」★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

富豪一族の花婿シリーズ

消えた花嫁
ペギー・モアランド
消えた花嫁
「イザベル! しっかりしろ。今、助けてやる!」スピンして大破した車の運転席で、イザベルは目を開けた。ああ、私は結婚式を前に、教会から逃げてきたのだ。ウエディングドレスのまま、花婿を祭壇に残して…
花嫁の誤算
キャスリン・ジェンセン
花嫁の誤算
ジュリーは図書館で働く、地味で目立たない女性。これまで男性とつき合ったこともない。でも、どうしても子どもはほしい。その夢をかなえようと、彼女は結婚仲介サービスに入会した。待ちに待った紹介相手…
一途な花嫁
ショーナ・デラコート
一途な花嫁
シンシアは父の葬儀のため、故郷アリゾナへ戻ってきた。かつての恋人に一方的に捨てられた苦い記憶の残る土地。ここにいると悲しみがよみがえるが、財産処理のためにしばらく滞在しなければならない。彼女…

花嫁になる理由 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

雰囲気はいいですが:ウルスラ55 2018/06/22

最後の方は「金で解決 ぶぁい Yai Yai」って感じっすね。

なんだろう:さんちょ 2018/06/22

評価が比較的良かったので読んで見たけど、かなり平坦過ぎなストーリー運びで小…

う~ん:chibifujisan 2018/06/22

好きな作家さんですが、このお話イライラします。

ハッピーエンドなのに:オリィ 2018/06/21

ハッピーな気分になれない( ´ー`)

絵は綺麗です:toritoriko 2018/06/22

傲慢で勝手なヒーローのどこがいいのか分からなかった。最初の怒りはともかく、…

画力が…!?:リリィ 2018/06/21

割と好きなお話でした。 上司が素敵なおじさまです。 あれじゃ、やきもち焼くよ…

なんだこれ:tama 2018/06/21

ヒーロー、ヒロイン共に魅力なし。。以上!

毎回思うのですが:すずどん 2018/06/21

この画力と構成力でプロを名乗れるんだと、ある意味感心してしまいます。他の方…

絵が素敵...:ウルスラ55 2018/06/20

岸本さんの絵は本当に綺麗。大人っぽいし外国人に見えるしジジババも上手だし。…

再生の物語:はとあんじぇら 2018/06/20

以前単品で読んだ事があるのですが、今回、前の二作品と合わせて読みました。ヒ…

このページの先頭へ