ホーム > 小説一覧 > いつわりの純潔

いつわりの純潔

いつわりの純潔

リリーの住む屋敷が、突然継母によってチーロという男性に売却され、彼女は数日内に出ていかなければならなくなった。チーロはゴージャスな男性だが、非情なビジネスマンというわけね。だが意外にも彼はリリーの引っ越し先にも現れ、食事に誘う。さらには弟の学費を援助すると申し出、プロポーズの言葉も口にした。バージンを捧げた男性に裏切られ、お堅い女性を演じてきたけれど、こんなに愛してくれる人とならまたかつての情熱を思い出せるわ。結婚を承諾したリリーは想像もしなかった――奔放な母親に育てられたチーロが妻として求めているのは、けがれを知らない女性であることを。

2.0 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
2
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

いつわりの純潔 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ヒロインは偽ってないんだけどね 評価2 2

男性経験があるから、いつでも気安く誰とでも・・・といかないのが普通だと思うのですが、ヒーローの決めつけが痛い。ヒロインがだまそうと意図的にそういう雰囲気にしたわけではないけれど、でも、明らかに誤解していそうな雰囲気がぷんぷんしているので、まあ、ヒロインが鈍すぎるんではないでしょうか。結局仲直りできたからよかったけど、ちょっと意固地なヒーロー&ヒロインだと思いました。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】逆パターン 評価2 2

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒロイン好きになれない:みーちゃん 2019/06/17

典型的自己中我儘お嬢様のヒロイン。 「男は全て私にひれ伏すべき」との認識も、…

きゃーしあわせ:ぴよさま 2019/06/16

何回もの再会?がときめきます。

すてきな作家さんです:とくとく 2019/06/16

ベティニールズの世界をコミカルにほのぼのと表現していて、とても気持ちよく読…

ジャ〇プ!?:あやの 2019/06/16

ホラー、デュエル、スタンド、ラーメンマン・・・スゴイ、作品を読み終わってレ…

どこが:Aio-K 2019/06/16

純愛なんだろう...。

う〜ん:Aio-K 2019/06/16

登場人物がたくさんいるし、何が何だか全然分からない...。

母親はほっとけばいいのに:あんこ 2019/06/17

同情はしますがモラハラ旦那から子供を守らず、差し出したも同然の母親なんて救…

あまり面白くありませんでした。:tuyuzora 2019/06/16

篠崎先生の作品は、大人っぽくって、色っぽくって、大好きなのですが、本作は盛…

絵が色々と:ななな 2019/06/16

オルガとネルの顔の描きわけがあまり出来てなくて今、どっちのセリフ???的な…

甘い眠りに落ちて:ゴンジュ 2019/06/16

この表紙。変えたほうが良い。読もうと言う意思がなくなる。今までで、最悪。 大…

このページの先頭へ