ホーム > 小説一覧 > 悪魔公爵と一輪のすみれ

悪魔公爵と一輪のすみれ

悪魔公爵と一輪のすみれ

不埒な生きざまから“社交界の★悪魔/デビル/”と呼ばれる公爵ルパートは、パーティの最中、レディがにやけた伊達男に襲われているところに出くわした。とっさに助けた彼は、女性がパンドラ・メイベリーと知り目をみはる。1年前、二人の男がパンドラを巡る決闘で命を落としたという。以来彼女は魔性の女と囁かれているのだ。それにしても……実に美しい。潤んだすみれ色の瞳は、悪評とは裏腹に汚れ一つなく見える。ルパートはその瞳を見つめるうちひらめいた。もしかしたらぼくの目下の悩みは解決するかもしれない――彼女を花嫁にすれば。

4.0 評価集計 7件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

悪魔公爵と一輪のすみれ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ワクワクしました 評価5 5

とても面白かったです。ヒーローの悪魔というニックネームは???でしたが、悪魔どころか紳士で素敵です(^^)ヒロインも思いやり深く・・でもシンが強い・・みなさんの評価が低くてちょっとがっかりしましたので・・・投稿しました

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】あっけない… 評価2 2
ロマンス ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

表紙がもったいない:肉球 2018/11/20

他作品でも感じるのですが、デジタル着彩でピンク色の髪ってヒロインが安っぽく…

ヒロインの顔がこわい:あんこ 2018/11/20

表紙の顔からもう怖い。 女性が書けないならずっとBL書いてればいいのに。 正直B…

代理母で合ってますよ:mapy 2018/11/20

出生届で母親欄を空欄にはできないし、亡妻と似た容姿の女を指定しているから、…

素敵:リオ 2018/11/20

読みごたえプラス絵がきれいで、どの場面も素敵でした。ヒーローヒロイン憧れる~

ジェシカ・スティール:ハレル 2018/11/20

大好きですよ!話の展開が!ジェシカさんは焦らしが上手い(笑) そして、絶妙なま…

弟がクソ:しのP 2018/11/19

ヒロインは若かったとはいえ、あんなののどこが良かったのか?

生まれながらの伯爵夫人 おっほっほっ!:金鳳花 2018/11/20

70年代少女マンガへのオマージュですか? 目眩がするこのレトロ感。(笑) オドオド…

なぜこんなに評価が高いのか?:ひまわり 2018/11/20

なんとも自分勝手なヒーローだ。記憶をなくす前と後、2回も彼女を捨てている。…

好き過ぎる作家さんなので:hanerin 2018/11/19

即購入しました!たぶんほぼ全作品所有または読破しています。「なぜハーレへ!…

よこた先生節好き:やまだ 2018/11/20

今回の話ハーレのお約束だとは思うし、いつものよこた先生の雰囲気なんですが、…

このページの先頭へ