ホーム > 小説一覧 > 孤島で愛して

孤島で愛して

ある運命の物語シリーズ

孤島で愛して

ダニーがハワイの孤島に隠遁して四年が過ぎた。愛息の誘拐、妻の死……いまだ、心の傷は完全に癒えていない。ある朝、ダニーはビーチで倒れている女性を発見した。幸運にも、大きな怪我はないらしい。ほっとしたのもつかのま、彼女が言った。「私……自分が誰なのかわからないわ!」

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

ある運命の物語シリーズ

唇の記憶
カレン・ローズ・スミス
唇の記憶
看護師のリーは、命に携わる仕事に生きがいを見いだしながら、医師になるための勉強も続けている。一人前の医師になるまでは、男性との恋に溺れるつもりはない。過去の苦い恋の痛手を思えばなおさらだ。あ…
失われた絆
リンダ・サンドバル
失われた絆
派遣会社からの紹介を受け、エリンは仕事の面接へと向かった。ある独身男性が、二歳の女の子のナニー子守りを探しているというのだ。一つだけ気がかりなのは、相手が年のいった地味な女性を探していること…
愛することを教えて
スーザン・マレリー
愛することを教えて
イラストレーターのリズはうんざりしていた。目の前にいるモデルが、どうしてもイメージと違うのだ。あきらめ半分で、休憩をしようと外に出たリズは偶然すれ違った男性を見て息をのむ。私の理想にぴったり…

孤島で愛して のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

毎回思うのですが:すずどん 2018/06/21

この画力と構成力でプロを名乗れるんだと、ある意味感心してしまいます。他の方…

絵が素敵...:ウルスラ55 2018/06/20

岸本さんの絵は本当に綺麗。大人っぽいし外国人に見えるしジジババも上手だし。…

再生の物語:はとあんじぇら 2018/06/20

以前単品で読んだ事があるのですが、今回、前の二作品と合わせて読みました。ヒ…

毎度毎度絵が怖い:あんこ 2018/06/21

男は頭にバナナを房ごと乗せたような髪。女は目元がガシャガシャとうるさい。付…

ムリ~:rocomoco 2018/06/21

皆さんも書いているとおり、文字が多すぎて頭に入ってこない。これなら、原作を…

全てにおいて:romance queen 2018/06/21

作画、ストーリー展開、二人の会話、ブツブツ切れて流れというか、一貫性がない…

コメディかと:ウルスラ55 2018/06/20

もう突っ込みどころが多すぎて...。苦笑の連続。漫画家さんはともかく原作者はマ…

すきになれない:あんこ 2018/06/21

身持ちが固そうにふるまいながら、期間限定のセフレ希望と言われても惹かれ、恋…

笑った:姥桜 2018/06/19

こういう物はある程度分かっている部分もあるけど笑ったわ。凄く良い話でした。

すごくいいんだけど:ウルスラ55 2018/06/19

やっぱクライマックスでのヒロインの行動にはびっくりですよね。日本人の血を引…

このページの先頭へ