ホーム > 小説一覧 > 運命の王女をさがして

運命の王女をさがして

運命の王女をさがして

両親を知らぬまま、幼くして酒場の夫婦に引き取られたターニャは、毎日のように杖で打たれてこき使われてきた。20歳になった今では身を守るため、美しい顔立ちに老けた化粧を施して店に出ているが、ある日、立派な身なりの紳士たちが現れて思いがけないことを告げる。自分たちは東欧の小国から来た国王と護衛で、ターニャこそ行方知れずの王女――そして、王の許嫁に違いないと。もちろんターニャには信じられない話。しかもその中の一人、顔に傷のある悪魔のような魅力の男はゆうべ、ターニャを娼婦と間違えて買おうとしたのだ!

4.0 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
2
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 880円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

運命の王女をさがして のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ああ、神様 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
面白いんだけど。 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

鬱々したヒーローの愛人に対する優柔不断な態度にイライラしましたわ!文章も回りくどい言い回しが多々あって、途中で挫折しそうでした。最後まで読めたのは逞しいヒロインの魅力あってこそ。

参考になりましたか?はい いいえ
いいと思う 評価5 5

ロマンチックさは少ないけれど、タフなヒロインに引き込まれました。読み応えあります。コミックになるのが楽しみです。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

うすい・・:tukushi 2023/09/24

練習していないお遊戯会を見ているようでした。

シリーズ全部読みたい:ネル 2023/09/23

以前もこのブローチにまつわる話を読んだことがあるけれど、シリーズものは全部…

滑らかな質感:グラハム 2023/09/24

愛を信じる事ができず、子供を持つことも結婚も全て否定しているヒーローは、ヒ…

3、0はあげすぎ:しまねけんみん 2023/09/21

絵もストーリーも何もかも。

親父が元凶:しまねけんみん 2023/09/21

ハーレには珍しくバカ娘を叱れる人ではあったが。まぁ、お前がまじで全てのの元…

一コマめ、本当に一コマ目で閉じた:しまねけんみん 2023/09/24

読んでもないのにコメントすることは良くないとはわかってますが。この声が編集…

ハーレの世界に浸れます✨:らいな 2023/09/21

ハーレの世界観たっぷりに美しく描かれていて大満足!ヒーローの妹たちの関連作…

義父による性的トラウマはキツい………:くまくま 2023/09/19

過去に浴びせられた義父からの性的な言動に、今も思い出しては怯えているヒロイ…

立ち読み部分しか読んでないけど:シャドール 2023/09/24

この先生の作画はとても好みが分かれると思います。 私にとっては, えっと思う作…

あっさり:とむ 2023/09/17

もうひと盛り上がりほしかった

このページの先頭へ