ホーム > 小説一覧 > 銀の匙を落とした幼姫

銀の匙を落とした幼姫

銀の匙を落とした幼姫

生後すぐに母を亡くした幼い姫君は、貴族として生まれながら、父方の血筋を忌む祖母の命により、人知れず遠くの森に捨てられた。身元不詳の赤ん坊を拾った少年、名門家の次男マーカスは、彼女をロウェナと名づけ、面倒見のよい家令夫妻に育てさせた。月日は流れ、育ての親と死に別れた19歳のロウェナは、マーカスの異母兄の屋敷でキッチンメイドとして雇われる。だが、主人から下心たっぷりの誘惑を執拗に受けて困り果てていると、ある男性が颯爽と現れ、彼女を救った――ああ、マーカスさま!長く英国を離れていた彼がようやく帰ってきた。まさに夢のようだわ。大好きな彼の懐かしい姿に、涙をにじませるロウェナだったが……。

1.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

銀の匙を落とした幼姫 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

『公爵と家なきシンデレラ』の二番煎じ? 評価1 1
ロマンス ライブラリで購入済み

作者が同じなので盗作にはならないんだろうけど…。中盤以降、コピペしたのかと思うくらい既刊『公爵と家なきシンデレラ』と話の展開が同じなのでビックリしました。なんでこんなことしたのか作者に聞きたい。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

これぞ自立した女性:ワニャンニュ 2018/11/15

ヒロインの姐さんぷりがとても気持ちいい(笑)ヒーローの、お育ちのよさがだだ漏…

HQコミックは短くて:amom 2018/11/15

良い話だったっ思いますが、短いので、後半などはあらすじを読んでるみたいでし…

とても切ない:ワニャンニュ 2018/11/15

ロマンスというよりヒューマンドラマでした 全員がお互いを想い合いながら、ヒ…

冷静な年増ヒロインに好感:ふみりん 2018/11/15

めちゃめちゃ不審な真実が3つも出てきたのに、冷静に行動できるヒロインが素敵…

切ない:サミー 2018/11/15

子供を失った夫婦で、ヒーローの記憶喪失からの復活愛もの。ヒーローが子供を失…

傷ついた家族の再生:ブラッド 2018/11/15

 ヒーロー・ヒロインともに最愛の息子を失って傷つき、苦しかったのにヒーロー…

ヤドリギの下:れん 2018/11/15

キスとかしてみたいですね。それも憧れている素敵な男性に。ヒロインは副社長狙…

面白かった(*^-^*):れん 2018/11/15

モデルの姉がいてコンプレックスがある妹。またはその反対の状況も然り。お互い…

ヒロインに魅力がない:amom 2018/11/14

ヒーローは、2人の関係を修復するために、合理的で前向きな行動を積極的にとりま…

可愛い二人:ワニャンニュ 2018/11/15

ある意味、海外のリアルな恋愛かなと思いました(海外ドラマ程度の知識ですけど(…

このページの先頭へ