ホーム > 特集 > 祝 デビュー35周年記念 藤田和子 特集

祝 デビュー35周年記念 藤田和子 特集

藤田和子特集 おすすめ作品をピックアップ

ボスに捧げた夜【あとがき付き】 コマ画像 ©MIRANDA LEE / KAZUKO FUJITA
ボスに捧げた夜【あとがき付き】
藤田和子 / ミランダ・リー
【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】財閥の御曹司として、父に代わり臨時のCEOを務めることになったヒュー。仕事よりも女性を愛する天性のプレイボーイの彼だったが、有能な秘書キャスリンにより遊びの時間はすべて削られ、いまや仕事漬けの日々だった。だが、最初こそ反発したものの、ヒューはキャスリンを恨むどころか、近頃彼女にどんどん惹きつけられていた。他の女性など目に入らないほどに。ある朝、顔にあざを作って泣きはらすキャスリンを見て、抑えてきたヒューの想いが一気に溢れだし!?
  • ボスに捧げた夜【あとがき付き】
  • この本を読む
背徳のキス【あとがき付き】
藤田和子 / アン・メイザー
【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】「愛人のふりをしてほしい」愛すべき友人である大富豪の老カストロに頼まれ、ジョアンナは年寄りをたぶらかす悪女を演じるためギリシアへやって来た。案の定、67歳の当主が連れてきた若き恋人にカストロ邸は大騒ぎだった。だがそこには運命の出会いが待っていた。老カストロの息子デメトリオス。敵意と嫉妬のいりまじる彼の瞳に射抜かれるたび、ジョアンナの、身も心も震えた。だが父の愛人と息子という立場で、ふたりが結ばれるはずもなくて…。
背徳のキス【あとがき付き】 コマ画像 ©ANNE MATHER / KAZUKO FUJITA
  • 背徳のキス【あとがき付き】
  • この本を読む
仮面の花嫁 コマ画像 ©SARAH MORGAN / KAZUKO FUJITA
仮面の花嫁
藤田和子 / サラ・モーガン
アリージアは、ギリシアの富豪一族に生まれながら冷酷な祖父に家を追われ、母とふたり、つましく生きてきた。しかし今、15年ぶりに祖父に呼びだされ、突然、「おまえの結婚相手を決めた」と告げられる。相手は同じギリシアの名門フィオルキス家の嫡男セバスチャン。長年、両家は敵対してきたというのに祖父は何を企んでいるの? でも、この話を受ければ病気の母は助かる。アリージアは覚悟を決めるが、結婚相手セバスチャンが自分をどう扱うかまではわからなかった…。
  • 仮面の花嫁
  • この本を読む
臆病な女神 1
藤田和子 / パトリシア・F・ローエル
雪に閉じ込められ、男性ばかりの城にただひとり滞在することになった貴族の娘アイアンサ。城の主である男爵ロバートは、そんな彼女の名誉を守ろうと結婚を申し込むが、実はアイアンサには6年前、18歳のときに複数の男たちに暴行された過去があった! 癒されぬ心の傷を抱えながらも、ロバートのやさしさにうながされ、彼との結婚を承諾するアイアンサだったが…。ハーレクインオリジナルに掲載され絶大な人気を誇ったヒストリカル衝撃作。
臆病な女神 1 コマ画像 ©PATRICIA FRANCES ROWELL / KAZUKO FUJITA
  • 臆病な女神 1
  • この本を読む
ボスのプロポーズ コマ画像 ©LYNNE GRAHAM / KAZUKO FUJITA
ボスのプロポーズ
藤田和子 / リン・グレアム
ビリーは8歳のときに英国から地中海の島に移り住んだ。奔放な母のせいで島の子どもたちに爪はじきあった彼女を救ったのは、ひとりの少年――アレクセイ・ドラコスだった。島の権力者の息子だ。そして、今やビリーは彼の秘書として世界をまたにかけ働いている。彼への想いを胸に秘めながら…。そんなある日、母の愛人に乱暴されかけたビリーを彼が救うが? ミニシリーズ全2部作でお届けするドラマティック・ロマンスの第1弾です。
  • ボスのプロポーズ
  • この本を読む

藤田和子先生の配信中タイトル

心のすべてを
心のすべてを
藤田和子 / アマンダ・ブラウニング
10歳のとき、親同士の再婚でリーには義理の兄モーガンができた。背の高い18歳の青年にやさしく迎えられ、リーは初めて…
この本を読む
誘惑のルール
誘惑のルール
藤田和子 / アマンダ・ブラウニング
許さないわよ、最低男――! 親友を中傷する記事に腹をたてたキャリーは、抗議のため単身新聞社へと乗りこんだ。しかし…
この本を読む
シンデレラに靴を
シンデレラに靴を
藤田和子 / マリー・フェラレーラ
「私が誰だかご存じですか?」記憶も、靴も片方なくし、街をさまよっていたレベッカは、私立探偵アンガスの事務所にたどりついた……
この本を読む
安息の地へふたたび 1
安息の地へふたたび 1
藤田和子 / リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ
若い女性が殺された一連の猟奇殺人。それは実は、レイントリー一族のプリンス、ギデオンを狙って宿敵アンサラ一族が仕掛けたもの…
この本を読む
花嫁になる条件
花嫁になる条件
藤田和子 / ジュリア・ジェイムズ
「10万ポンド払うから、僕と今すぐ結婚してくれ」生活のため、高級アパートメントの掃除人として働くマグダに、裕福でゴージャスな男性が突然声をかけてきた…
この本を読む
砂の迷路
砂の迷路
藤田和子 / リン・グレアム
1年前、フェイは砂漠の国ジュマールの王子タリクと恋に落ちた。ロンドン滞在中の彼にプロポーズされ結婚するが、強欲な義父がつまらない…
この本を読む
熱砂の花嫁
熱砂の花嫁
藤田和子 / リン・グレアム
ティルダは母の話に愕然とした。知らぬ間に母が巨額の借金を抱え、この家も立ち退きを迫られているなんて! しかも借金の相手は…
この本を読む
道化師は恋の語りべ 1
道化師は恋の語りべ 1
藤田和子 / トーリ・フィリップス
ときは1586年、英国。エリザベス姫は供も連れずにひとりで街道を歩いていた。父の急死につけこみ結婚を迫るサー・ロバートから逃れ、…
この本を読む
恋に落ちた歌姫
恋に落ちた歌姫
藤田和子 / スーザン・スティーヴンス
まさか、こんな大ステージに立てるなんて…。新人歌手のサヴァンナは胸を躍らせてスタジアムへ向かった。ベテラン歌手の代役で、…
この本を読む

藤田和子先生がゲストにご来場!東京ティーパーティ参加レポート

画像1 9月30日(日)ザ・キャピトルホテル東急で開催されたハーレクイン・ティーパーティはデビュー35周年を迎えられる藤田和子先生がゲストということでライブラリスタッフも参加してきました!
大型台風が近づいているという悪天候のなかにあっても、藤田先生ファンを中心に80名近いハーレクイン読者の方が参加されていました。そのときの様子を簡単にレポートさせていただきます。

画像2 開始30分前から会場はほぼ満員。35周年を記念して過去の作品がずらーりと並べられていました。またラフ画像の一部も展示されていて、もうミュージアム状態!? ファンにはたまらないコーナーですね。

画像3 ティーパーティといえば・・・忘れてはならないのはケーキ。ハーレクインらしく金粉付きでゴージャス~

画像4 ◇◆ トークショー ◆◇
メインイベントのひとつである藤田和子先生と翻訳者・杉本ユミ先生によるトークショーは、二回目の共演(!?)とあって会話のキャッチボールがなんとも絶妙でした。「お気に入りのヒーローは?」という質問に両先生、口をそろえて「(レイントリーの)ギデオン!」と。(まだご存じのない方はこちらをチェック)藤田先生はハーレクイン小説をコミカライズされる際、ヒーローとヒロインのイメージ作りに苦労されるということ。「ヒーローでいつもイメージするのはアラン・ドロン」という答えに会場からは「うーん」という納得の声が・・・なんでも筋金入りのメンクイなのだそうです(笑)

「読者の方の反応が楽しみ、それがコミックを描くモチベーションです」ともおっしゃっていました。 藤田先生、ありがとうございます! これからも素敵な作品をどんどん描いてくださいね!


画像5 藤田先生のサインを求めて長蛇の列ができていました。先生はおひとりおひとり、丁寧にサインを・・・お人柄がうかがえます。藤田先生、改めて35周年、おめでとうございます!

増刊ハーレクイン 藤田和子デビュー35周年記念号発売!!

2012年10月15日発売!!
「増刊ハーレクイン 藤田和子デビュー35周年記念号」
藤田和子先生デビュー35周年を記念して登場!!
なんと1冊丸ごと藤田和子先生がお楽しみいただける永久保存版です!!
詳しくは、ハーレクイン社オフィシャルHPをご覧ください
※こちらは紙書籍のみの販売になります。

特集一覧

著者名/作家名検索

このページの先頭へ