ホーム > 特集 > ハーレクイン・ロマンス特集 vol.1

ハーレクイン・ロマンス特集 vol.1

ハーレクイン・ロマンス特集 vol.1

ひと夏のシンデレラ
リン・グレアム
★あの夏、わたしたちは激しい恋に落ちた。南フランスのまばゆい太陽の下で。★父の死後、タビーは住む場所さえ定まらない生活を送っていたが、ある日、思いがけない幸運がフランスから舞い込んだ。休暇旅行中に知り合った老婦人からコテージの遺贈を受けたのだ。彼女がブルターニュへの移住を決意した矢先、かつての恋人クリスチャンが訪ねてきた。「ぼくの大伯母がきみに遺贈したコテージを買い戻したい」航空会社を経営する彼とは、四年前の夏に出会い、気まずく別れた。タビーはショックを受けたが決意は揺るがなかった。私たち親子にはフランスに移り住む権利がある。息子のジェイクは、クリスチャンの血を引いているのだから……。
  • ひと夏のシンデレラ
  • この本を読む
情熱の報い
ミランダ・リー
アンジェリーナは十六歳で未婚の母となり、一人で息子を育ててきた。息子の父親はジェイク・ウィンターズ。現在アンジェリーナが運営するワイナリーで、以前働いていた青年だ。危険な魅力にあふれる不良少年だったジェイクに、アンジェリーナはひと目で心を奪われてバージンを捧げた。だがすぐに周囲に仲を引き裂かれ、ジェイクには息子の存在さえ知らせていなかった。ある日偶然ジェイクがワイナリーを訪れ、二人は十五年ぶりに再会する。今や敏腕弁護士となった彼に胸をときめかせつつも、アンジェリーナはどうしても過去の傷を忘れることができなかった。そんな彼女に、ジェイクは二人だけで夜を過ごそうと提案した。
  • 情熱の報い
  • この本を読む
燃えさかる運命
キム・ローレンス
盛大な結婚式が行われようとしている大聖堂で、ベッカは後方の席につき、行動を起こすときを待った。花婿のアレックス・カリデスは、妹の心と体を弄び、無情にも捨てた男。式を妨害し、憎きカリデス一族に復讐してやらなくては気がすまない。ついに式が始まり、ベッカは真実を暴露しようと席を立ちかけた。その瞬間、肩に置かれた手が彼女を制した。「それはいい考えとは思えない」恐る恐る振り返ると、まれに見るハンサムな男性が立っている。復讐をしに来たこともつかの間忘れ、ベッカは彼に見とれた。この男性が、敵であるカリデス一族の長だとは夢にも思わずに。
  • 燃えさかる運命
  • この本を読む
流砂の恋
サラ・モーガン
アレクサンドラはロヴィナ国の王女。亡き愛する父の遺言により、ザングラール国のスルタンと結婚することが定められている。結婚式を五日後に控え、アレクサンドラは身の危険を感じていた。いずれロヴィナの君主になる彼女の命を狙う者がいるのだ。そこへ、ザングラールまで王女に随行する護衛が到着した。砂漠の民を思わせるブロンズ色の肌、護衛らしからぬ尊大な態度。アレクサンドラの中に、今までなじみのない感情がわきあがった。この男性は私にとって危ない存在になるかもしれない。王女の予感は的中することになる──彼の正体を知ったときに。
  • 流砂の恋
  • この本を読む
冷たい貴公子
ペニー・ジョーダン
仕事でイタリアのミラノを訪れたリリィは、身勝手な弟に泣きつかれ、通販カタログの写真撮影を引き受けた。すると撮影中、ドアが勢いよく開いて一人の男性が入ってきた。背の高い黒髪の男性は全身からいらだちと傲慢さを漂わせている。誰だか知らないけれど、この男性はモデルではない。すばらしい体の持ち主であることは一目でわかるけれど……。そう思ったとたん、リリィは不意に胸のときめきを覚えてうろたえ、無礼なほどつっけんどんな態度をとってしまった。その男性がイタリアでも有数の名家の一員である億万長者――マルコ・ディ・ルッケージであるとも知らずに。■長年のキャリアを誇るペニー・ジョーダンの筆が冴えるロマンスをお届けします。イタリアのコモ湖畔で繰り広げられる物語は緊張感にあふれ、主人公の揺れる心情が繊細なタッチで描かれています。
  • 冷たい貴公子
  • この本を読む

特集一覧

著者名/作家名検索

このページの先頭へ