ホーム > 特集 > 砂漠の暴君に囚われて

砂漠の暴君に囚われて

砂漠の暴君に囚われて

砂の炎

政略結婚の婚約式の翌日、アマヤは黙って姿を消した。母からの電話で、婚約者であるシーク・カヴィアンはハーレムを持ち、女性を囲っていることを知ってしまったのだ。そんな人と結婚したら、私も母のようになってしまう。異国の愛の形を受け入れられず、豪奢な生活を捨て、ひとりで私を育てた母のように…。半年後、居場所を突きとめられ連れ戻されたアマヤは、待ち受けていたカヴィアンにこう言いはなたれた。「ハーレムに行こう。きみが一番関心のある場所だろう?」

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

純潔の囚われびと

カダールの新国王と結婚することになった島国サリアの女王エレナ。ところが、かの国を訪れたとたん謎の男カリルに囚われてしまう。しなやかな黒豹を思わせる彼は金色の瞳でエレナを見すえ、自分こそがカダールの真の王だと告げてきた。そしてエレナは砂漠の村へつれ去られてしまうが、カリルのやさしさに触れる。「目に見えるものが、すべてじゃない」そう語る彼の言葉に正義を感じ、エレナはカリルに心を開きはじめるが、王座を狙う彼にとって、私は捕虜でしかないわ。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

砂上の愛の城

ショーダンサーのシルヴィーは、パーティーで冷酷非情と名高い実業家アーキムにいきなり唇を奪われた。しかも彼は妹の婚約者だという。結婚を嫌がる妹を守るためシルヴィーは結婚式でアーキムと関係があると嘘をつく。後日、彼女のもとに砂漠の国での仕事が舞いこんできたが、それはアーキムが自分の城へとつれ去る罠だった。憎らしい彼…でもなぜか触れられると体が熱くなってしまうの。彼の狂おしいまでの情熱は私への罰なのに。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

ファルコンの恋人

アラビアの砂漠で少数民族の歴史を研究していた父が行方不明。死亡とみなされる知らせが届いたが、娘のベサニーは信じなかった。これまでにも危険をかいくぐり、生き残った父は死んでいない。その信念を胸に旅立ったベサニーは空港で、はやぶさをつれた美しい男性と出会う。何か強い力にひき寄せらせるようにふたりの視線がからみ合う。彼はベイラルの首長ザッカー・ターナン・サディクだというが、尊大な態度な彼に、なぜか心惹かれてしまうべサニーだった…。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

砂漠の夜の誘惑【あとがき付き】

【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】あの日私に触れたあなたを、今はこんなに遠く感じる――助産師の職を求め中東ザラクの大使館を訪れたフェリシティは、開かれた就職説明会で印象的な男性に出会う。スクリーンだけが光を放つ室内で、暗闇のなかでもはっきりとわかる美貌、周囲に漂う甘い香り…。フェリシティは異国の見知らぬ男性と、生まれて初めてベッドをともにする悦びを知った。夢のような一夜の間、まだ彼女は知らなかったのだ、純潔を奪った美しい男が、まさか砂漠の王国のシークだなんて…。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

人気のキーワードから本を探そう!

特集一覧

著者名/作家名検索

このページの先頭へ