ホーム > 特集 > 遺産目当て?!誤解されたヒロイン特集

遺産目当て?!誤解されたヒロイン特集

遺産目当て?!誤解されたヒロイン特集

女神の誤算【あとがき付き】

【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】年寄りを籠絡する悪女を演じた女神は、その自ら仕掛けた罠にからめとられまいと必死だった――。シーリアは人の気配にはっとした。振り向くと、そこにいたのは強い眼差しをたたえたリューク。先日他界した、母の愛人ライオネルの息子だ。なぜ彼がここに? 母を糾弾するため? 確かに母たちの関係は賛成できなかったけど、今はライオネルを失い傷心の母とリュークを会わせるわけにはいかない。シーリアはとっさに、自らが愛人だと彼に誤解させた。彼の魅力に揺さぶられる心を必死に抑えながら…。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

完璧なエピローグ

実の父親に会いたい…。愛情のない養父母に育てられたニーナは、父親の名前だけを頼りにシチリア島を訪れる。しかし、旅費を盗まれ、無一文で道端に追い出されてしまう。ロレンツォと名乗るハンサムな弁護士が助けてくれるが、問答無用で彼の豪華な屋敷に閉じこめられ、冷たく「イギリスに帰れ」と言われる。なんと父親はロレンツォの母親との結婚を控えていて、その邪魔になると言うのだ。私が隠し子だからなの? しかし、彼はニーナを父親の“愛人”と誤解していて!?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

月への階段を上って

ルビーのよき理解者で、親友でもあった父親代わりのロレンスが亡くなった。悲しみがいっぱいの彼女の前に、亡きロレンスの息子のゼインが突然現れた。彼は家を飛び出し音信不通になっていたのだが、帰ってきたゼインはルビーに対して憎しみを抱いていた。彼は、彼女が父の愛人だったと信じていたのだ。つらくあたるゼインに戸惑うルビーだったが、やがて彼が誤解をしていることに気づく。誤解を解こうとするが、彼の心は閉じたままだった。そして、彼女は気づいた!!

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

シチリアからの誘惑者

ジャンカルロは、義兄が経営する会社の重役用ルームに入ると、若く美しい赤毛の女性に目を止めた。あれが社長秘書のナタリア・デイトン――義兄の愛人ともっぱらの噂で、僕の姉を苦しめている女か。一方、ナタリアは自分をじっと見据えているジャンカルロの視線に怯えていた。彼は誤解しているわ。私は彼の義兄の愛人ではないもの。でも、それを口に出せない理由があるのよ――ジャンカルロは決めた。金を渡すより愉しい方法で、彼女を問い詰めてやろうと。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

人気のキーワードから本を探そう!

特集一覧

著者名/作家名検索

このページの先頭へ