ホーム > 特集 > 愛の国イタリア物語特集

愛の国イタリア物語特集

愛の国イタリア物語特集

プレイボーイの罪

姉夫婦の訃報を受け、キャリーはイタリアへと向かった。愛する姉の死とともに、双子の遺児のことが気になった。そして、義兄の弟パオロのことも。9年前、姉の結婚式でパオロと初めて会った。富と美貌に恵まれたプレイボーイの彼に誘われ、有頂天になった私はバージンを捧げた。ところが「愛している」と告げたとたん、パオロは私に背を向けたのだ。それが今、こんな形で、秘密を抱えながら彼と向きあわなければならない運命を、キャリーは受け止めきれずにいた。

イタリア富豪の孤独な妻

奥手な娘オクタヴィアは父親の命令でイタリアの実業家アレッサンドロと結婚した。当初は夫の従兄弟プリモとまとまるはずが本人に断られ、幸運にもアレッサンドロに見初められたのだった。昼夜を分かたず愛され、やがて妊娠の望みを果たした彼女だが、夫にロンドンの名医のもと、ひとりで産むようにと言われ愕然となる。なぜ一緒にいてくれないの? 彼女には不安を募らせる理由があった。プリモから結婚の真相とアレッサンドロのある企みを聞いてしまったからだ!!

トスカーナの花嫁

ルチェンゾ・ヴェルディ――イタリアの脅威とも呼ばれる大財閥の御曹司。圧倒的な容姿をもち、黒く冴えた瞳で見据えた相手を闇に落とすことも虜にすることもできる男…。ウエイトレスのポーシャは今その男から蔑みの目を向けられていた。彼の義弟ヴィトーの子供を産んだことで金目当ての女だと決めつけられているのだ。真実は違うのに…でも証明できるヴィトーはもうこの世にいない。唇を噛む彼女にルチェンゾは恐ろしい命令を下す。よるべなき母子の運命やいかに!

ドクターの情熱

ティアはイタリア人のルカとの結婚式の直前、彼が愛のない結婚をしようとしていることを知ってしまう。式を挙げずにそのままイギリスに戻った彼女は、お腹の子どもと生きていく決心をした。だが、突然彼女の前にルカが現れる。それもティアが助産師として働いている病院のドクターとして。そして、生まれてくる子どもが心配だと彼女の家にいついてしまう。家ではこまめで職場では手際のいい彼と、結婚式で見せた冷徹な彼――どちらが本当の彼なの…?

人気のキーワードから本を探そう!

特集一覧

著者名/作家名検索

このページの先頭へ