ホーム > コミック一覧 > 過去への扉

Romance ロマンス

過去への扉

過去への扉

母親の過去を探すレブルは、意を決して館の呼び鈴を鳴らした。だが現れたのは長身のハンサムな男性ヒュー。しかもレブルを新しい乳母と誤解していた。一旦、誤解を解いたものの、孤児セレストの意固地な姿に自分を重ね、彼女のために館へ留まることにしたレブル。義父娘を関係修復しようと彼と親しく接するうちに!?

4.0 評価集計 108件の評価
評価する
評価5
53
 

評価4
37
 

評価3
15
 

評価2
2
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 127ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

過去への扉 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

スッキリした 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

ずーっとずーっと気になっていたので、やっと読めて感激。素敵なお話でした。いちいちキャラクター設定も素晴らしい。姪セレストも子どもなのにツラい経験してきた感がそれとなくで、押し付けがましくないのがまた秀逸。でも先のレビューにあるように、最後の最後で駆け足というか。もっとヒーローとヒロインの男女のモロモロが欲しかったかなと。だけどこの作品、出版されたのは1995年なんでしょうか、それにしちゃぁすっごく作風が新しい。美しい絵は何より勝ります。ロマンスというムードとは違いますが、人間ドラマとして「あ、そうか!そうだよね!」と目を覚ましてくれる言葉がたくさんあって、現状いろいろ人生において思うことある身としては、嬉しい気づきをくれました。

参考になりましたか?はい いいえ
喧嘩師匠認定 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

ヒロインのレブルはヒーローの姪の面倒をみることになりますがナニーと言うよりは師匠です。「喧嘩師匠…」(笑)お気に入りの一冊になりました。

参考になりましたか?はい いいえ
義父娘でなく叔父姪です 評価3 3

いいお話で良かったのですが、最後の方のページでがっかりしました。あまりにもプツンと、駆け足で端折って終わった感が・・・。 あと数ページあればもう少し大団円さが増すと思い残念でした。

参考になりましたか?はい いいえ
ロマンスには程遠いけど泣けました。 評価5 5

HQのロマンスはあまり堪能できなかったですが、人間として大切なものは何かをじっくりと認識させられました。やはり人間は地位や名誉、資産があるないより、思いやりや家族の愛情がどれだけ大切かですよね。不幸な子供と叔父の関係をヒロインの温かい思いやりで修復できたとき、すごくぐっとハートにきた。現実にあったようないい話ですよね。

参考になりましたか?はい いいえ
「人を嫌うのは損よ」…いい言葉だ♪ 評価5 5

今作品は、「世界各地出身の養子14人」が兄弟姉妹のジェームズ家シリーズの1作です。ちなみにHQ漫画化されているのは今作の他に「運命の相手」。今作ヒロインは、あまりない環境で育ったせいなのか、非常に魅力的です。セレストに対して「嫌いで結構。でも人を嫌うのは損よ。一生独りぼっちで生きていくつもりなら別だけど」と諭したのは、すごいなと思う。確かにそうだよねと説得力がある。それに反して今作ヒーローは、最初の頃、子供に当たるなんて、心が狭すぎ…?!(それにしても…著者は最近、なぜかHQ漫画を描いていない。派手ではないけど、安定感と実力ある、素敵な漫画家さんだと思うのに。ネットで確認する限り、忙しすぎているわけでもないようだしなぁ。非常に残念!)

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いつから?:kaeru 2016/12/04

いつ結婚するほど好きになったのかわかりませんでした。もっとお互い惹かれあっ…

安いっ:なうしか 2016/12/04

安い女にしか見えない〜 ダサい感じなのに処女でもないし。 妙なとこでプライド…

夫婦再生の物語:あずき 2016/12/04

とてもハーレクインの作画とは思えなかったのですが。これ宙時代の頃に出版され…

美人姉妹と美男兄弟:あずき 2016/12/04

姉妹シリーズものですが自分はこちらの作品が好みでした。こんな素敵なヒーロー…

ある意味王道ロマンス:やま 2016/12/04

ヒロインに直感に任せろと言いながら自分自身の直感はサッパリ受信でいないヒー…

涙でました:れたす 2016/12/04

私が個人的に思うハーレクインの王道のひとつでした。 主人公たちもとても魅力的…

よくわからない:kaeru 2016/12/04

とにかくいろんなことが激しくて、わけがわからないまま終わってしまったという…

悪くない:kaeru 2016/12/04

少し物足りないけど、悪くないといった感じでした。上手く説明できないので「読…

絵、下手になりましたか?:kobutanaoko 2016/12/04

前作から比べると、作画様の絵が、大変、下手になったように思われ、残念です。 …

う~ん…:ワニャンニュ 2016/12/04

ヒロインの、自分だけが悲しんでる自分だけが不幸って感じが好きになれなかった…

このページの先頭へ