ホーム > 小説一覧 > 月間小説ランキング

ランキング

月間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
スペインの恋人
スペインの恋人村山汎子キム・ローレンス
ある深夜、ネルのもとに二人の子供が転がりこんできた。かつて住みこみで面倒を見ていた少女とその弟だ。父親の死後、実業家の叔父ラウルに引き取られたが、厳しい叔父に我慢ができなくなったのだという。二人を迎えに来たラウルは、ネルを見下すような態度をとった。ネル… »
2位ランクアップ
春の丘であなたと
春の丘であなたと上木治子サラ・クレイヴン
「ぼくはほかに楽しみを見つける。それがふたりのためだ」結婚してすぐに夫は出ていき、連絡もないまま2年が過ぎた。10歳も年上の実業家であるガブリエルを理解するには、ジョアンナはあまりにも純粋すぎたのだ。だがこの2年、夫のいない館で義父と暮らし、ジョアンナ… »
3位ランクアップ
冬のウエディング
冬のウエディング高木晶子ベティ・ニールズ
仕事ぶりは一流だが、容姿は小太りで地味な看護師……。医師たちのそんな話を耳にして、エミリーは憤慨した。しかも“小太りで地味”と言ったのはユレス・ロメイン教授。オランダから来たハンサムで優秀な外科医で、みんなの憧れだった。彼を手伝って難しい手術をこなすうち、… »
4位ランクアップ
ロマンスは想定外
ロマンスは想定外上村悦子ジェシカ・ハート
何事にも堅実なフリスは、男性をかたくなに避けていた。地味な仕事に就き、いつも地味な服装。つまらない女だと思うけれど、恋多き家族に振りまわされてきたせいで、そうなってしまったのだ。だから、大銀行頭取の跡取りだというハンサムなジョージが、彼女の仕事ぶりを認… »
5位ランクアップ
希望と名づけた愛の証
希望と名づけた愛の証遠藤靖子キャロル・マリネッリ
身重のミアは、大切な友人の葬儀に参列していた。遺族席に目をやると、厳しい表情の彼がいた。友人の兄イーサン・カーヴェル──ホテル経営で巨万の富を得た、傲慢きわまりない億万長者だ。7年前、ミアとイーサンは出会い、ひと目で激しい恋に落ちた。だが彼はある誤解から彼… »
6位ランクアップ
億万長者の残酷な嘘
億万長者の残酷な嘘柿原日出子キム・ローレンス
仕事でギリシアの島を訪れたエンジェルは、島のオーナーのアレックスに出迎えられた瞬間、記憶の底に封印したはずの思いがよみがえり、凍りついた。彼とは6年前、たった一度だけ熱い夜を共にした。アレックスの誘惑は抗いがたく、彼女は純潔を差しだしたのだ。ところが翌朝… »
7位ランクアップ
残酷な愛人契約
残酷な愛人契約神鳥奈穂子オリヴィア・ゲイツ
彼が結婚してしまう――めくるめく情熱を分かち合った、愛しい人が。スカーレットは億万長者の実業家ライデンの婚約パーティに出席していた。5年前、過去を知られることを恐れて彼のもとを去り、顔も名前も変えて別人に生まれ変わったわたしに、彼が気づくはずもないけれど……… »
8位ランクアップ
ガラスの家
ガラスの家松村和紀子ミシェル・リード
夫の亡骸とともに、リリーは茫然とデインの到着を待っていた。もうすぐ彼がここに来る。私を軽蔑している彼が……。デインの弟と極秘の取り決めを交わし、偽装結婚してから、そうとは知らないデインに罵声を浴びせられつづけてきた。家名を汚す雌狐! 清楚な仮面に隠れて浮… »
9位ランクアップ
シークの契約花嫁
シークの契約花嫁中野恵オリヴィア・ゲイツ
ああ、わたしはお金で買われてしまったんだわ!アラビアの王国ザフラナの王女ジェナンは、豪華な婚約記念パーティーで唇を噛みしめた。でも、隣国の裕福な老王と結婚しなければ、莫大な負債に苦しむ母国を救うことはできない。会場の人目につかない場所で涙にくれる彼女の… »
10位ランクアップ
イエスと言えるまで
イエスと言えるまで麦田あかりエイミー・アンドルーズ
ペイジはさんざんな目に遭ってきた。早産で産んだ双子の一人を亡くし、絶望した夫に去られ、いまは働きながら病弱で耳の不自由な3歳の娘を育てている。仕事と子育てに忙殺され、ペイジはすっかり痩せ細ってしまった。だから、親友ナタリーの結婚式でブライズメイドにあてが… »
11位ランクダウン
イタリア貴族と飛べない小鳥
イタリア貴族と飛べない小鳥小長光弘美マーガリート・ケイ
社交界にデビューして数年になる伯爵令嬢のクレッシーは、いつまでたっても嫁ぎ先が決まらず、肩身の狭い日々を送っている。5人姉妹の中でいちばん不器量なわたし。一生花嫁にはなれないのかしら?そんなある日、娘を政略結婚の駒としか考えていない父親から、とどめを刺す… »
12位ランクアップ
愛なき求婚
愛なき求婚山ノ内文枝ジェニー・アダムズ
宝石会社を経営する幼なじみのマックスの手助けにフィービーは有能ベビーシッターとして駆けつけた。傲慢で素っ気ない態度の彼と衝突する毎日。時折見せる彼の熱いまなざしに惑わされたりせず、たまらなく惹かれているのを悟られないようにしなくては。ところがある夜、ふ… »
13位ランクアップ
貴婦人修業
貴婦人修業古沢絵里トーリ・フィリップス
この世に生を受けて十九年、ロージーは人生最大の危機を迎えていた。親に捨てられ、貧しい農夫の養女として育てられた彼女は、欲深い養父の手で、これまた強欲な女郎屋の亭主に売られた。そしてこうして樽の上に立ち、熱い男たちの視線を浴びている。これから競りが始まる―… »
14位ランクアップ
熱いオークション
熱いオークション山口西夏シャーリー・ロジャーズ
ジェニファーはボスのアレックスに惹かれていたが、彼はいっこうに気づいた様子もなかった。新たな恋を探そうと、友人に勧められるまま、独身男性とのデート権を競り落とすオークションに参加した。首尾よく落札に成功したものの、相手の男性の目隠しを外したとたん、ジェ… »
15位ランクダウン
プロポーズは慎重に
プロポーズは慎重に伊坂奈々ベティ・ニールズ
セーラは家族でフランスを旅行した。その帰り道に車の事故で、継父は脚を骨折、母親は脳震盪で入院するはめに。担当医のリトリクは、無傷だったセーラに二人の容体を説明し、泊まるあてのない彼女を自宅に招待した。リトリクは待合室にいるセーラを一目見て、恋に落ちてし… »
16位ランクアップ
いけない務め
いけない務め相野みちるアリソン・リチャードソン
知的で自由な精神を持つアナは、10代の若さで伯爵未亡人となった。社交界では理想的なレディとして振る舞いながらも、素顔のアナは性に奔放だった。お相手は、父親である将軍のもとに駐屯している、若く逞しい新兵たち。彼女との関係が知られたら文字どおり首が飛ぶ。彼ら… »
17位ランクアップ
ドクターの秘密
ドクターの秘密藤森玲香マーガレット・バーカー
セーラはイギリスでのあわただしい病院勤務に疲れ果て、家族のいるギリシアの美しい小島、ケレスに移り住んだ。そして、十一年前から憧れていたミカエリスと再会した。当時研修医だった彼は、今やケレス病院の院長だ。相変わらず魅力のかたまりのようだが、瞳にはかつてな… »
18位ランクアップ
ボスとの秘密の関係
ボスとの秘密の関係高山恵ジェニファー・ルイス
ベラは、ハードキャッスル社の悪事を白日のもとにさらすため偽名を使ってそこで働き、ひそかに証拠集めをしている。ある日オフィスに、黒髪のモデル並みの容姿の男性が現れた。ドミニク・ディ・バリ――社長の婚外子で、後継者と噂される人物だ。彼に命じられ会社を案内した… »
19位ランクアップ
ドクターの憂愁
ドクターの憂愁山本瑠美子マーガレット・バーカー
このケレス島でドクターとして働くことになるなんて……。フランチェスカはこれから同僚となるソティリスを見つめた。背が高く、いかにもギリシア人らしい顔つき。男性に思わず目を奪われるのは久しぶりの経験だ。しかし、彼は仕事にすべてを捧げる女性を毛嫌いしているらし… »
20位ランクダウン
偽りの復縁
偽りの復縁柿原日出子シャンテル・ショー
3年前、イザベルは秘書の代理として派遣された先で、コンスタンティン・デ・セヴェリーノに見初められた。プレイボーイのイタリア人実業家で爵位も持つ彼と、炭鉱の村で育ったイザベルとでは身分が違いすぎたが、二人の情熱はそんな格差が入り込む余地もないほど激しく、イ… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

原作読みたくなった(笑):KIKI 2017/08/20

本当はして欲しくないけど原作を脚色してるのか、私の読解力が年齢とともに衰え…

ラスト:ハレル 2017/08/21

皆様のおっしゃる通り、ラストがよい❤ ラストで救われます。読者のワタクシが(…

ロマンチストなヒロイン:まめ姫 2017/08/20

5人姉妹で1番美人らしいヒロイン。表紙の女性とは私のイメージがちょっと違うし…

過去は水に流さない?:はとめ 2017/08/20

この言葉は加害者側から言うもんじゃないと思う。

のーてんき?:クレヨン003 2017/08/20

おとうちゃん! のーてんきすぎ。 それで国王務まってるの?・・・って感じかな。

どこを好きになったんだろ?:エリカ 2017/08/19

もう一度読み直したら、短期間で「愛してる」って言ってるのが違和感でした。

原作既読:ハレル 2017/08/20

原作をより良くまとめたのが、コチラの作品と思います(^^) ヒロインを想うあまり…

母親:ウルスラ55 2017/08/18

ヒロイン母、微妙に毒ですね。最後に出てきてちょっと謝って欲しかったな。「私…

この作画者では:さんちょ 2017/08/20

かなりドロドロな内容だけど、全てがあっさり。 作画者の絵にもよるものが大きい…

情感が湧いてこない。:銀ヤンマ 2017/08/20

セシリアさんのコメントを読んで、どうなんだろうかと読んでみました。確かにそ…

このページの先頭へ