ホーム > 特集

危険な恋Vol.2

危険な恋Vol.2

瞳の魔法

飛行機の中で親切にしただけ。なのに、見ず知らずの老人の莫大な遺産を手にすることになった客室乗務員ローラ。彼女が受けとったのは、高級住宅地セント・フィアカーズ・ヒルの豪邸だった。そしてセレブの集う住民親睦パーティーの日、彼女に近づく危険な瞳の男が・・・。彼の名はジェライント。傲慢な態度で見下されたと思った次の瞬間、切なくみつめられ、唇を重ねられ、ローラは完全に翻弄されてしまう。彼はローラの隣人で、ローラを憎む密かな理由があったのだが!?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

恋に落ちた大富豪

とある事情を抱えDNA鑑定を受けたソフィ。だが、大事にしまったはずの鑑定書がどうしても見つからない。どうしよう、誰かに見られたら大変なことになるわ! 慌てて心当たりの部屋を捜すソフィだが、そこには彼女の捜索を阻むかのような先客の姿が。男子禁制のはずの授乳室で上半身裸になりひげをそる逞しい男性――思わず赤面して目をそらすソフィに対し、彼は彼女が来ることを見通していたかのようなポーカーフェイス。突如現れた怪しすぎる男性、いったい彼は何者なの!?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

危険な隣人

キャットはいとこのケイトと祖母と3人で田舎町に暮らしている。若くて独身なのに男性の影がないと近所の噂になってもキャットは気にしていなかった。婚約していた相手に利用され裏切られて以来、男は信用しないと決めているのだ。住んでいる大きな家を保育園にして日々忙しく暮らしていたけれど、ある日転機が訪れた。ケイレブ・レイノルズ。「息子を保育園に通わせたい」と面接しに来た男性。彼からは危険な香りがする――!

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

買われた天使

恋人デヴィッドからプロポーズされた司書ペイジ。やさしい彼を好きだけど、どこか距離を置かれているように感じている。私が地味で退屈な女だから…? 不安に思う彼女が結婚式を挙げるカンヌで事件に巻きこまれ、知った驚きの事実。デヴィッドの裏の顔は極秘諜報機関<オメガ>の捜査員だというのだ。本当の彼に近づくチャンスかもしれない。ペイジは彼に協力すると言いだす。ドレスアップして売春婦に変装、マスカラ型の銃を持ち、コードネームは危険な“悪女”…!

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

求めあう指先

「クウェント・ヤービーを捜して」それが友人が亡くなる寸前、レベッカに託した遺言だった。彼は友人が遺した子ジョシュの伯父で、唯一の身内だという。しかし、ようやく捜しあてたクウェントはセクシーで筋骨隆々な、いかにも男らしい男性。穏やかな生活を求めるレベッカが最も苦手とするタイプだった。ジョシュの面倒をずっとみていた彼女が養子にしたいと話すと彼は意外にも反対する。その時はまだ友人を殺した魔の手が近づいていることを知るよしもなかった…。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

危険な恋Vol.2

人気のキーワードから本を探そう!

特集一覧

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

このページの先頭へ