ホーム > 特集

トラベルは恋の予感特集

トラベルは恋の予感特集

ふさわしくない恋人

探検家のミミは、真夜中の海にいきなりクルーザーで現れたマークが、いかだにぶつかってきたあの出会いから神経を逆撫でされてばかりだった。世界中を旅して生きていたいのに、島で診療所を営む開業医のマークなど、断じて好きになってはいけない! ――なのに、いかだの修理や当面のミミの働き口として自分の助手になることを提案するマークの申し出を受けてしまうなんて…。どんなに心惹かれても、先に続くものがないのにこれでいいの…?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

別れは恋人たちの街で

「ありがとう、ルカ。最高の思い出ができたわ」エミリーは、旅先のヴェローナで出逢ったルカに、そう告げた。明日はロンドンに発つ。そして彼に会うことはもう二度とない。ルカとの時間は、一生のうちでも味わうことのない贅沢で夢のような時間だった。でも、これはなんの約束もない、さよならで終わる旅の出会いと別れ―――いくら愛しくても、どんな期待もしてはいけない。けれど、ルカが残した情熱の刻印はエミリーの体、そして心からも消えることはなくて…。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

光と影に魅せられて

スペイン旅行中のローンは暴漢に襲われた。間一髪で通りがかった男性フランシスコに救われるが、慇懃無礼な態度でローンの薄着を責める。そしてケガをした彼女が治るまで自分の豪邸に滞在するよう勧めるが、ローンは彼の冷たい瞳が気になって落ち着かない。一方フランシスコは、自分を気づかうローンのやさしさに心惹かれていることを自覚する。互いに求めあうが、フランシスコの他人を拒絶するような瞳は変わらないままで――過去にいったい何があったの!?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

ベニスのシンデレラ

ベニスで旅行中、出会って間もない男性と結婚することになったジリアン。が、彼の正体は結婚詐欺師だった! ドレスのまま式から逃げだしたジリアンは、お金も騙しとられ途方に暮れていた。私はなんてバカで愚かなの…? そんな時、偶然知りあった美しい男性が助けの手を差しのべてくれ、彼の家に招待される。ここは宮殿? 私はどこに迷いこんでしまったの? 彼の正体は独身女性の憧れのデスティーノ公爵だった。彼の秘書として働くことになり――。

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

人気のキーワードから本を探そう!

特集一覧

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

このページの先頭へ