ホーム > 特集 > 禁断のオフィスラブ❤ボスヒーロー特集

禁断のオフィスラブ❤ボスヒーロー特集

禁断のオフィスラブ❤ボスヒーロー特集

裏切りの花束

秘書ケイトリンはボスのデーヴィッドと、上司と部下であると同時に恋人同士だった。出会いは4か月前。やり手な上に魅力あふれる彼にケイトリンはまたたく間に夢中になった。しかし彼が彼女に求めていたのは、あと腐れのないひと時の甘い情事だけ。ふたりの間の距離は永遠に縮まることはないのだ。「彼にとって私は有能な秘書と欲望のはけ口でしかないの――?」このままではこの関係に未来はない。ケイトリンは一縷の望みを託してある賭けに出るが…!?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

それぞれの秘密

父と喧嘩をしたレイチェルは、アメリカを飛び出し、憧れの国スペインへとやって来た。目的はふたつ、死んだと聞かされていた母を捜すためと、政略結婚から逃れるためだ。所持金が底をついてしまったレイチェルは、丘の上にある灰色の城の城主ルイスの秘書として働くことにする。漆黒の髪に黒水晶の瞳、冷たく危険な匂いのするルイスに、レイチェルはなぜか目を離すことができずにいた。お互いに秘密を抱えた秘書とそのボス、灰色の城で今、情熱の炎が熱く燃えあがる!

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

ボスとの契約

「私の結婚相手は君だよ」ボスのニコラスから突然そう言われ、秘書のクレアは戸惑った。憧れの彼からプロポーズだなんて! だが実際は、言い寄る女性にうんざりした彼の業務命令だった。「愛」など不要、と言いきる彼にとって、この結婚は便宜上の契約にすぎない。愛のない結婚なんてできない…けれど断れば仕事を失ってしまうかもしれない…。クレアにはどうしても失業できない事情があったのだ。揺れ動く心に苦しみながらも、クレアはプロポーズを受けるが…!?

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

退職願は恋のはじまり/誘惑ゲームの最終章

わがままで罪深いほどハンサムな上司セバスチャンの要求に耐え続けてきた秘書ジュリアは、彼の代わりに恋人に別れ話をするよう命じられて怒りを爆発させた。「辞めさせていただきます!」そう言い放ったジュリアに対する彼の反応は予想外のものだった。「秘書には手を出さない主義だけど、君はもうすぐ秘書ではなくなるんだね…」ジュリアの退職願は、はからずも誘惑の解禁宣言となり…!?(「退職願は恋のはじまり」より。「誘惑ゲームの最終章」も同時収録)

この本を読む 作品詳細
今すぐ立ち読みする(無料)

人気のキーワードから本を探そう!

特集一覧

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

このページの先頭へ