ホーム > コミック一覧 > キスは三度まで

Pure Romance ピュアロマンス

キスは三度まで

キスは三度まで

ブルックは、仕事一筋の児童臨床心理士。 「男なんて人生をややこしくするだけ。傷付いた子供たちを救うのが私の使命よ!」 ところがそんな彼女にとんでもない事件が!「僕と結婚してくれないか?」たった一度会ったきりの、億万長者・マットがプロポーズしてきたのだ! ―なんて人!私をからかっているの!?―しかし、「婚約者を紹介し、病気の祖母を喜ばせてあげたい」というマットの懇願に負け、ブルックは2か月間、婚約者を演じることになってしまう。あくまで期限付きの、お芝居のはずだったけど・・・!?

3.5 評価集計 45件の評価
評価する
評価5
9
 

評価4
19
 

評価3
11
 

評価2
6
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 127ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

キスは三度まで のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

大事なメッセージは伝わった 評価3 3

いまひとつ盛り上がりきれなかったの恋愛物だけど、失敗を恐れていては幸せはつかめないとか、失敗はしたけど大事な娘が出来て後悔していないとか、大事なものはお金では変えないなどなど、大事なメッセージは伝わりました。ヒロインの母親は12回も結婚して異常だけど、いい味出てました。

参考になりましたか?はい いいえ
偽装婚約 評価3 3

王道ですね

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

よくわからない:kaeru 2017/07/25

とにかくヒロインがキラキラしているだけで、よくわからない作品でした。

最後が:ラニア 2017/07/25

私は月額で読みましたがよかったです。 最後がもっとハーレらしくはっきりハッピ…

わりと:ウルスラ55 2017/07/25

好きかも。相変わらず芝居がかってますが、ノリノリで描かれている感じがします…

ちょっと怖い:まめ姫 2017/07/24

オランダが舞台の作品は初めてかも。読み進めていて何故だか『赤毛のアン』を思…

秘書じゃないし:ウルスラ55 2017/07/24

ヒロインは最初の方でちょこっと秘書だったけど、その後は「無職」なのでタイト…

楽しかったです。:まい 2017/07/24

ヒーローが一人であたふたしている所がコミカルで楽しく読めました。ヒロインは…

顔の区別がつかない:ぽんた 2017/07/24

ややこしい話なのにキャラの書き分けができていないのは割りと問題です。 加えて…

うう~:まつ栗 2017/07/23

なんか、ヒーロー&ヒロインともに。めんどくさい人たちだ。

面白かったです!:あんずじゃむ 2017/07/25

パラノーマルロマンス…興味がもてなくて読まずにいたのですが、シリーズがコミッ…

うーん!いまいち:ジェイ 2017/07/24

主人公がかわいそう過ぎて、ハーレクインらしくないストリートでした。

このページの先頭へ