ホーム > コミック一覧 > 初恋はプリンスと

Passion Romance パッションロマンス

初恋はプリンスと

初恋はプリンスと

広告代理店に勤めるマリアは、誕生日に同僚達に囲まれながら居心地の悪さを感じていた。不安はみごと的中。突然、高貴な男性が彼女を迎えに現れる。しかも彼はイタリアの領主だという。 同僚達は男性経験のないマリアに“ラテン系の恋人”を贈ろうというのだ!マリアは困惑しつつも彼に導かれるままデートの誘いにのるが・・・!?

3.5 評価集計 100件の評価
評価する
評価5
15
 

評価4
50
 

評価3
32
 

評価2
3
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 450円
+消費税
ページ数 127ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

初恋はプリンスと のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

う~ん・・・・・・ 評価3 3

人生、人と人との出会いは偶然ではなく必然なのかもしれません。 この作品はそんな気持ちを抱かせてくれました。 ヒロインは普通の、美人でもない、ごくありふれた人ですが、ヒーローはイタリアの実業家で貴族。 その二人が普通ではない出会いをし、彼の住む国で、互いを尊重し求め合い・・・。 内容は大変ドラマチックなのですが、何せヒロインが美人でもなく、野暮ったくて(失礼) あまり感情移入出来ませんでした。 ヒーローの名前を騙り、家名を辱めようとした男が、最後には結果、二人を強く結びつけることになるなんて、人生とは不思議なものです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

うん…:ネコネコ 2017/04/22

途中で読む気がしなくなってしまった…この私が!

原作とはまた違って良い♪:アリィ 2017/04/22

確かにストーリーは違うけど、夏先生のこのお話はこれで十分説得力があると思い…

えー!!どこが良いの?:なうしか 2017/04/23

評価が高いのですが、どこが良いの? これはダメだろう!昔、別れた意味もない!

眉間にシワがよる:なうしか 2017/04/21

嫌な気持ちになります。

フツーのおはなしでした:にゃんこ 2017/04/21

作者さんの策略にはまり、キウイをさがしてしまいました。あはは。

桜屋先生作品Good!:アリィ 2017/04/21

原作既読ですが、原作のヒーロー、私にとってはあまり好きになれない雰囲気があ…

素敵なお話でした:エリザベス 2017/04/21

心の内側や動きが丁寧に描かれていて、とても素敵なお話でした。

ムカつく:なうしか 2017/04/23

ムカつく。 5歳児といえど、母が冷遇されてる家であんな無邪気になる訳がない。…

素敵:ウルスラ55 2017/04/20

絵がもう少し大人っぽかったら言うことないかな~時々寸足らずに見えるので。 で…

ちょっとほろり:セリシア 2017/04/21

パターン的な話だとは思います。HQならではの。 読み手からすれば、誤解だよ。と…

このページの先頭へ